ぼっちPCオタクだったわたしが、夫婦で起業するまでの物語 ーPROFILE

 

 

目次

相羽みうっていったい何者??

はじめまして、相羽みうです。

 

このサイトに辿り着いてくださったのもきっと何かの縁で、インターネットにはこんなふうに、本来なら出会わないような出会いがたくさんあることがおもしろいなと思って日々生きています。

まずはこのページを見てくださりありがとうございます!

 

わたしは今、夫婦でウェブの仕事をしたり、YouTubet投稿、ネットショップを運営したりしていて、割と頻繁に海外旅行にいきます。

先日は主催するコミュニティメンバーさんたちとドバイ行ってきました!!!

 

とはいえそれまでの人生はほんとうに平凡、いや平凡以下の毎日を送っていました。

 

でも振り返れば学生時代からいろんなネットサービスに触れて、その中で好きなことがわかってきて。

 

だいぶ長いんで、具体的な副業とかどんなビジネスやってきたのかだけを知りたい方は、「社会人編」以降から見るのをオススメします!

 

簡単にプロフィールを。他に知りたいことあったらコメント欄で聞いてください。

 

相羽みう、平成生まれ、京都出身、夫と大阪で二人暮らし。

新卒で事務OLを5年やってました。夫も元はマスコミ→商社勤務の会社員。

 

趣味:

海外旅行、リアル脱出ゲーム、これから来るぞ!っていうYouTuberを探すこと、恋愛リアリティーショー

 

好きなもの:

ポムポムプリン、シナモロール、すみっコぐらし、King&Prince、JO1、IZ*ONE、とにかくかわいいもの大好き

 

好きなブランド:

Apuweiser-riche、ブルーレーベル・クレストブリッジ、JILL STUART

 

 

自由に生きるタイプの人なんて大嫌いだった・・・笑

昔はなかなか自分の気持ちを他人に伝えることができないタイプで、いじめられたり、女子グループの仲間はずれにされるのは日常茶飯事。笑

仲間はずれにされるのが怖いから、ムリに話を合わせるもんだから直ぐにバレて友達との仲もぎくしゃくする毎日。そして自己嫌悪の繰り返しでした。

 

いつも周りの目を気にして、学校や就職といった進路だって、自分の意志で決めたことは1つもありませんでした。

その反動のせいもあって、自由に生きてる人、一昔前YouTuberの広告で流行ってた「好きなことで生きていく」とか言ってるような人のことは大嫌いでしたねw

 

(いやいや、みんなが協調性持って我慢してるから社会って成り立ってるわけやん!って思うタイプwww

今から思えば完全に僻みなわけですが・・・)

 

ネットはリアル以上に世界を広げ、可能性を与えてくれた

でもインターネットを通じて出会った人やモノは、リアルでは絶対に知ることのないたくさんのことを教えてくれました。

それはビジネスのことであり、もっと自由な場所があるということ、世間的にはそこまで有名じゃなくても幸せそうに生きている人たちの存在。

 

ほんとに少しずつすこーしずつですが、自分がなにをしたいのか?なにを好きで、どんな人生を送りたいと思っているのか?

他人が決めた答えじゃなくて、自分がどうしたいのかを自分で決められるようになりました。

20代前半の頃から8年以上という試行錯誤を繰り返してなのでだいぶ時間はかかりましたが。笑

 

でもそんな人間がどうやって本当にやりたいこと、好きなことを見つけたのか?

あくまでもわたしのケースですが、記録として残しておくことで誰かの役に立つんじゃないかと思って書くことにしました。

 

個人的には本当に好きなことややりたいことって、なににも縛られることのない幼少期にやってたことがヒントになると思っていて、なのでこの物語も幼少期まで遡ります!

 

幼少期からひとり行動大好き

過去にも海外にひとり旅するくらい、一人行動大好きな私ですが、母曰く保育園似通ってたときから迎えに行くと、一人でうんていをしていたそうです・・・

この遊具ねw

 

他の子はグループでおままごととか砂遊びをしてたもんだから、心配してたっぽいですが、当の私は一人でいることに全く寂しいとか感じたことはありませんでした。

 

家でやってた遊びは日本地図パズルとか、レゴブロックとかが好きでしたね!

今でもなにかをつくったり、謎を解いたり(それこそ趣味のリアル脱出ゲーム!)するのは好きなので、幼少期の頃に好きなものってなんとなーくおとなになっても変わらないのかなって思います。

 

ぼっちの小学生時代にネットの世界に救われる。

で、小学生くらいになると、周りにどう思われてるかが気になり出します。

ふとした体育の授業とかで、突如として「2人組つくってください!」なんて言われるものだから、そのときにそなえてなんとなく何人かと仲良くしておくわけです。

 

厳密には一人でいることが嫌ではないんだけど「みうちゃん友達いないんだ」みたいに思われるのが嫌だって感じでしたwww

これぼっちあるあるだと思うんですが。笑

とにかく真面目でどっちかというと暗い感じの小学生時代でした。

そんな人間がYouTuberになってカメラの前でしゃべってるとか・・・当時の私がみたらひっくり返ると思いますよ!!!笑

 

ふみコミュニティとの出会い

わたしにとって人生を変えたできごとが小5のころにありまして、それは妹がとある合宿から帰ってきたときに教えてくれた、ふみコミュニティ(wikiに飛びます)というサイトだったんです。

※2019年5月についにサービス終了しました。

 

90年前後生まれの方で、やってた人いますかね・・・?

なにをしてたかははっきり覚えてないんですが、小中学生が集まってチャットしたり、ゲームしたり、プリクラ画像を載せて顔評価し合うコーナー(怖!!)とかがあった気がします。

 

今から見たら大したコンテンツなんてないんですが、ふみコミュニティというサイトに出会ったのがきっかけで初めて、ネットで誰かと交流する楽しさというのを知りましたね。

 

チャットで置いてけぼりにならないために、必死にタイピング練習したの小学生時代が今の仕事にも生きてますww

 

 

中学時代は、一般人がつくる作品のすごさを知る

中学生くらいになると・・・なんとふみコミュニティの存在を知っているという友達ができまして!笑

その子がいろんなおもしろいサイトを教えてくれましたね〜。

 

BUMPのフラッシュ動画。

多分BUMP OF CHICKENがめちゃくちゃ有名になる前くらいだった気がする。。。

YouTubeから引っ張ってきたけど、こんな感じで誰かが文字とかを組み合わせてネコキャラのPVをつくってた。

天体観測

 

むしろフラッシュ動画が、BUMPの良さを知らしめたと言っても過言じゃないかもしれない。

今みたいにYouTube時代はこんなふうにして、音楽がネット上に転がっていた。笑

 

自作ホムペをキラキラ飾る素材屋さん

アメブロとかはてなブログとかってサービスじゃなくて、0から自分でhtml(サイトを作るためのタグのようなもの)をベタ打ちしては、オリジナルのホームページをつくってましたね〜。

といっても身内同士で掲示板にコメントしあったり、知り合い以外は誰も来ないようなゴミサイトw

 

でも同世代で同じような仕事をしている起業仲間には、10代で「女の子向けのフリー素材サイト」を運営していたなんて子もいたりして、昔の話で盛り上がったりすることも。

↓こんなのやつね。

 

謎解きリドルにハマる夏休み

謎解きとかパズル大好きって書いてたんですが、リドルというテキストのみの謎解きゲームに随分ハマりました!

↓説明するよりこのサイト見てもらったほうがわかると思うんですが、

オズリドル

(こんなひたすらシンプルなサイト)

 

クイズの答えがわかったらフォームにその単語を英語で入力すると、次のページにすすめるというもの。

たまにページ自体に仕掛けがあって、文字のどこかをクリックしたら隠しボタンがあって進める、みたいなのもあるんだけど、サイト自体のソース(htmlタグの中身)をみたら簡単にわかるみたいな裏技もこのとき知ったりしたなあ^^

 

勉強もちゃんと頑張っていたよ。

こんな感じでパソコンに夢中になりつつも、結構勉強もがんばっていました。

だって、公立トップの高校に入らないとケータイ買わないって約束だったんで、ケータイのない高校生活なんてぜったいいじめられる(T_T)

と思って必死でしたもんwww

 

今みたいにツイッターとかインスタ、YouTubeみたいに一般の人が気軽に使えるツールがあったわけじゃないけど、それでも一般の人がしかも当時は稼げるシステムなんてほぼない中でも、

個人で自由にゲームをつくったりホームページという作品を作る人がいる世界は、私にとってなんとも魅力的な場所でした。

 

これを仕事にしたいなんて思ったことはなかったし、そもそもそんな仕事はあるのか?と思っていたけど、当時見ていた会社や人たちは、紛れもなく先見の明を持っていた人なわけで、なんだか不思議な感じではありますよね〜。

遊びでやってたことが、今では有名なサービスの会社をつくった人なのかもしれませんけどね。

 

自分のパソコンを持つようになった高校時代

無事入学した高校は1人1台パソコンを買うという、最先端な学校でした。

まあパソコン欲しくてこの学校選んだってのもあるんですけどね^^

 

高校時代にはこれまたいろんなサービスを知ります。

 

脱出ゲーム

クラスでめちゃくちゃ流行ってましたw

誰が一番早く解けるかとか、おもしろいゲームを見つけたらすごいみたいな風潮。

Neutralの脱出ゲームとかはグラフィックが超綺麗で、脱出できたときの景色がすばらしいので感動ものです。

 

当時のハマってたサイトって結構閉鎖されてるのあったりもするんですが、こうして懐かしくなって今も残ってるの見るとうれしいもんですね。

 

老舗フリマアプリ ショッピーズ

はじめてネットでものを売った?か買ったのって多分ショッピーズというフリマアプリでした。

  

 

ギャル系雑誌の広告に載っていて、女子限定みたいなガラケー時代からある老舗のアプリ。

紹介ポイント目当てに妹に誘われて始めましたね〜。

(ギャルが多いせいか、コメント欄とか割と治安悪かった気がするwwww)

 

いや〜今では完全にメルカリの一人勝ちですが、初期から目をつけてたから1番になれるとは限らないんだなあというビジネスの厳しさを思い知ります。。。

でも自分が出品したものが売れるってのは、たった300円や500円でもめっちゃうれしかったです。

 

ケータイ小説

魔法のiらんどっていうサイトにハマって、毎日面白い小説がないか探してました・・・

だいたいヤンキーとギャルの恋愛もので、最後にどっちかが死ぬってのが多いんですけれども。。

 

たまに書いたり。でも全然続かなくてフォローしてくれてる人には申し訳ないことしたな。笑

恋空とか映画化もしましたね。

なんであんなに薄っぺらい話を一生懸命読んでいたのかは未だにナゾ。。。

 

モバゲーでアフィリに目覚める

モバゲーっていうのはゲームができるガラケーのサイト。

 

高校入ったばかりの頃はあまりやってる人がいなくて、友達を誘ってたんだけど、友達少ないからだんだん誘う人いなくなって、モバゲーの良さについて語るホムペを作ってたくさんの人を招待しましたね^^

 

なんでそんなことをしてたのかというと、1人紹介すると300モバコインがもらえて、それでアバターの衣装とか持ち物を買えるんですよね。(当時は現金でモバコインを買えなかった)

衣装を豪華にするとすごい人感が出るというので、紹介を頑張ってた経験が、初めてのアフィリエイト成功体験でした。笑

 

だからいざ大人になって、アフィリエイトという副業方法があるって知ったときも、16歳のときにやってたあれをやればいいのか〜〜〜って感覚だった。

ただちゃんとコピーライティングとか学んでなかったので、副業としてすぐに結果出たわけではないですけどね。

 

高校時代は勉強がメインの学生生活だった

とはいえどっちかというと進学校だったので、割と勉強がメインでした。

軽音部に入ってたことはあるけど、黒歴史ってくらいなにも残せなかったし、中高通して運動部に入ったこともないので上下関係を経験することもなく・・・

 

勉強で大きな成果を出したわけもなくほんとになにかを頑張った記憶はあまりないのは、インターネットのいろんなサービスにハマっていたからかもしれません。

でも高3になると受験生ということで、ガラケーのパケ・ホーダイを解約してしまったので一切ネットを断ち切る生活をしばらく過ごしました\(^o^)/

  

 

起業してみたいなあ・・・と妄想するだけの大学生活

晴れて大学に合格しまして、やっと勉強から抜け出せるーーーーーわーーーーーい\(^o^)/と思ったのもつかの間。

かっこよさそうという安易な理由で理系を選んでしまったわたし。卒論のための実験や、必修科目(1つでも落とすとアウトなやつw)のテスト勉強に追われ、本当に辛かったです。

 

学部は生命化学。ナトリウムとかカリウムという無機成分について調べたりしてましたww

いや〜ほんと大学ってところは、自分の好きなものずっとそれだけをやってたいっていう専門を選ばないと、大変なことになりますね。笑

 

当時からちらほら大学生起業家の存在がメディアで取り上げられるようになり、アプリつくったりするのかっこいいなー。わたしもやってみたいなーと思いながらも、現実は目の前の単位に追われる日々www

結局学生時代は、なに1つ起業のための行動はできませんでした。

 

バイトは塾で勉強教えてたよ

バイトは大学のほとんどの期間を、個別指導のバイトで費やしてました。

先生1人に対して、生徒2人って感じで。YouTubeとかでもなにかを教えるのが好きなのはこのときの経験からきてるのかも?

断れない性格だったんで、夏休みとかはかなりのコマ数はいってました。100コマとか?入って、10万超えたりしててうわーーーすごい大金もらっちゃった!!!!って感じでしたね。

 

コミュ障だけど1:1とかで話すのは楽しかったし、個別指導って割と落ちこぼれとか引きこもりの子もいたんだけど、でも直接話すとその子なりに色々考えてることもあったりして。

わたしって人付き合いにがてやけど、人と関わること全てが無理ではないんやなって思ったかな?

 

ほかにはテスト監督とか、採点とか、変わったのでいえば、京都の八坂神社で巫女のバイトとかもしましたね。

カフェとか接客業はやったことないです。

ちなみに巫女のバイトは激寒&お局さんみたいな方が怖すぎて、早く終わりたかったですね・・・

 

ニコ動、海外ドラマ、スカイプにハマる・・・大学生活

まあ勉強が忙しかったとかいえ、2年生くらいまではさすがに高校よりは余裕が出てきたので、ニコニコ動画にハマってましたよ〜〜〜!!!

画質悪すぎてよくこんなん見てましたよね、、

【作業用BGM】ニコ厨なら全部わかるボカロ曲サビメドレー77曲

 

米津玄師さんがハチ名義で、ボカロに歌わせた曲を公開してたのもオタクだったのでリアルタイムで見てました。。ランキング上位常連だったから、当時見てた人は誰でも知ってるかも?

ハチ MV「マトリョシカ」HACHI / MATORYOSHKA

 

ニコ動ブームの少しあとからYouTubeの知名度が少しずつ高くなってきて、でもまだまだ日本人が少なかったから、コメント欄で海外の人と交流したりしてました^^

 

YouTubeには日本のアーティストの歌番組などが無断転載されてたんですが、コメント欄で「5;28〜に出てくる人の名前を教えて下さい」とかって英語で書かれてたりするんで、そういうのに答えたりしていると、

いつの間にか嵐大好きなマレーシア人の女の子と仲良くなって、英語でスカイプしたりメッセンジャーでやりとりしたりして、少しずつ海外や英語への憧れが出てきたのもこの頃だったり。

 

リア友とつながるFBでは、いい大学に進学した友達やサークルでのリア充投稿を見るのが辛くて、あまり見ないようにしていた・・・笑(暗っっ!)

 

同じくらいのときにゴシップガールをはじめとした海外ドラマにドハマリして・・・

2018年にはついに憧れのNYひとり旅に行って、現地の友達にゴシップガールロケ地を案内してもらったのは感動だったなあ😍

 

そして就活シーズン、人生の分岐点へ

結論からいうと、わたしは就活の時期までに自分の好きなことやりたいことはわかりませんでした。

今書いてるプロフィールは今になったからこそわかる分岐点をかいつまんでるだけであって、当時からピンときたわけじゃないです。

 

結局親や先生、世間からいいと思われそうなものを選ぶものの、自分が嫌いすぎて自己分析する度に吐きそうになったし、自分のタイプとは明らかに合っていない会社ばかりを受けていたように思う。

なのでほんとに行きたいわけじゃないのも面接でバレていただろうし、学生時代サークルも部活もバックパッカーもしていなかったわたしは、なにも頑張ったと言える者もなくて。。

面接中は本当に消えていなくなりたかったよぉぉww

 

書類も含めたら50社は落ちては泣いてを繰り返し、死にそうになってるところに前職の会社だけが内定を出してくれたわけです。感謝感謝ですね・・・(5年で辞めちゃうけど)

本当はネットとかIT系、広告のお仕事とかに興味はあったけど、そういう会社は新しくてよくわからないところで働くのは、絶対親は反対するだろうなって勝手に思い込んで1つも受けませんでした。。。

 

事務OLとしての社会人生活がスタート!!!

就職したメーカーの事務は、仕事としてはかなり恵まれていたと思う。

ブラック企業とは真逆だし、めちゃくちゃ暇な時期もありました・・・

毎日やることはほぼ決まっていて、書類整理やお茶出し、経費の管理などなど。

(基本はめっちゃ簡単なルーチンワーク)

 

理系学部で毎日研究とかしてた意味あるのかな?って自分の存在意義に疑問を感じ始めたけど、でもやめようとは思わなかったのは、帰宅後にコツコツ書いてたアメブロがたくさんの人に見てもらえてたからかもしれない。

 

人気OLブロガー時代の話

 

アメブロ内にあるOLランキングの10位以内に常連入りをしていたり、いいねやコメントがもらえてそこで交流したり、自分の発信をおもしろいといってもらえることに喜びを感じていました!!

 

ランキング入りすると、いろんな企業さんやPR会社の方から「商品プレゼントするんで紹介してもらえませんか?」「このイベントの記事を書いてもらえませんか」なんて連絡が来て。

報酬はなかったとしても得意なことで誰かの役に立てるのは、わくわくしましたね^^

 

当時書いてた記事は本当に平凡で、合コンの話から節約のこと、会社の仕事の話とか。

少しだけどアフィリエイト収入やPRによる報酬もあったので、いろんな出版社から声をかけていただいたり、副業雑誌から取材を受けたりもしました!

 

コミュ障なのにブログセミナーやってみたり。

アメブロには脱毛サロンや化粧品のアフィリリンク貼っても、全然稼げるようにならなかったけれど、それ以上にわたしにもう1つの居場所をつくってくれていた。

同じOLさんたちがコメントをくれたり、DMでやりとりするようになって、いつしか「どうやったらたくさんの人に見てもらえるブログをつくれるようになるんですか?」と聞かれるようになった!

 

うーん、そんなこと言われても当たり前のことしか。。。

と思ったけどせっかく求めてくれる人がいるんだったらってことで、タイトルの付け方や読みやすくなるためにやってたことを書き出してみて、最初1:1で教えたりしてたけど、段々希望者が増えてセミナーをやるようになった。

 

めっちゃ緊張してグダグダだったと思うけど、みんなすごく一生懸命聞いてくれて嬉しかったなあ。

 

写真はランチ会のときので、当時はOLだったからネットには顔出ししてなかった。

顔わからないのに来てくれた人すごいよね、、ホント感謝です!!

 

夫との出会いは婚活アプリPairs

ちなみに時系列がぐちゃぐちゃなんだけど、この少し前くらいに婚活アプリPairsで今の夫と出会いまして☺

恋愛のきっかけもインターネットという現代っ子ですww

 

わたし人見知りな性格なんて、合コンとか婚活パーティーではマジ人気ないんですよ・・・。お互いに事前情報わかった上で、1:1で深い話をする方が好きなんでね!

 

出会いの話はお会いする方には聞かれたらもっと詳しく語ってますが、プロフィールなのでこのあたりで。笑

当時はお互いふつうに会社員同士だったわけですが、わたしはなんとなーくですが起業でも自営業みたいな仕事でも、受け入れて応援してくれる人がいいなーって感じで探してました。

 

それぞれが自営業で別のビジネスでも最高だと思ってたのに、まさか一緒に役割分担で仕事をすることになるとは夢にも思わなかったです^^

 

夫婦で退職直後、全く収入がなくなりドン底時代へ

一見全てが上手くいっているように見えたかもしれないけど、思った以上にやることが多くて、陰では死にそうになってました・・・。

平日は仕事で、帰宅後もセミナーやカウンセリングシート、お申込みやりとりや確認。

ほぼ全ての土日は京都から大阪に通って、ひたすら個別セッションやセミナーを開催していたので、週7日働き詰めでした。。

 

とはいえ、当時の最高売上を達成したタイミングで結婚。同時に大阪に引越し&会社を辞めることを決断。

 

大きな決断をした割には、意外と先のことをあまり考えてなくて、、(T_T) ←バカ

このままやってればなんとかなるだろう〜くらいの思いでしたが、段々と集客できなくなりあっという間に収入も減っていってしまいました。

 

結構焦りましたし、保険や習い事を解約したり、メルカリでとにかく家のモノ売って生活費を稼いだりもしてましたね・・・(泣)

夫も映像関係の機材を揃えるのに、100万以上の借金していた時期も。。

経済的にも苦しい時期を過ごしたことで、これはなんとかしないとヤバい!とお尻に火がついた感じでした。

 

プロからビジネスを学ぶように

本当にお金はなかったけど・・・そのタイミングでちゃんとプロに学ぼうということで、本当にたくさんの方にお世話になりました。

学びたい分野によって、コンサルをお願いしたりスクールに入ったり、個別で添削をしてもらったり。コンサル代もなんとか分割対応してくださったり。。。

 

お金を払ってプロから学べばこんなにも回り道せずにすんだのか・・・とちょっと悔しい気持ちもありましたが。笑

なんとなく発信してれば人が集まるじゃなくて、数字で管理したり、マーケティング的な戦略や仕組みを組めるようになったり。「ブロガー」以外でも通用するようなスキルを身につけることができたのは、かなりの自信にもなりました。

これらはほんと一生モノのスキルです。

 

女性だけのビジネスコミュニティを開講

教材はスクールでビジネスを基礎から叩き直していた頃、ふと思ったことがありました。

それはほとんどのコンテンツが男性向けにつくられてるなあってこと。。。いい悪いじゃなくて、例え話がドラゴンボールの話だったり(笑)

 

余計にわからないし・・・w

おそらく男子の間では常識であろうそのエピソードを、都度ググったりもしてましたね。

ガンガン稼いで、もっといい生活しようぜ!!っていうギラギライケイケ系なのもなんか違うなあって思ったりもしましたし。(教わる内容自体はすっごいよかったけど、理念には共感できないって感じ)

 

もっと普通の女性がビジネスにとっつきやすくなるには、私が今までに得た知識や経験をフル活用するしかないわ!!!ないなら作ろうって思ってできたのが、現在主宰しているTBA(Tiara Business Academy)というコミュニティでした。

 

ただ稼ぐじゃなくて、なんかアメブロ時代に感じたような、自分も楽しみながら、インターネットで新たな出会いやつながりを大切にする、そんな場所を作りたいって思ったんですよね!!!

 

女性ならではの悩みとか、別にそこまでの収入は目指してないから寝ずにやれとか言われても難しい・・・ってあったりするじゃないですか。

 

現在進行系でいろんなことに挑戦!

コミュニティはどんどん素敵なメンバーさんが入ってきてくれたおかげで、また普段なら会えないようなセミナーゲスト講師の方のおかげで、どんどん進化しています。

メンバー同士が仲良いのは当たり前ながら、情報交換できたり。

 

メンバーさんもジャンルの垣根を超えた人も増えてきて、恋愛コンサルからお料理教室の先生、占い師、スピリチュアル系、お片付けコンサル、美容系、物販講師などなど。

お互いの得意なことを聞けるのも楽しいですね^^

 

それ以外にもメンバーと海外旅行にいったり、コラボでYouTubeチャンネルをやっていたり、リアル脱出ゲームに参加したり。(これは完全にわたしの趣味に付き合ってもらってるわけですがw)

ビジネスを通して、向上心ある人と関わると人生の充実度はホントに変わってきます。

 

海外旅行も情報収集も兼ねてたくさん行くようになりました。

 

 

 

■2年前にはYouTube投稿を開始!(自分が嫌いすぎて最初はラジオ形式からのスタートだったの。。)

■集中力が高まる、オリジナルアロマオイルのプロデュースをやってみたり

 

オンラインショップでは、わたしが使ってみてよかったものをご紹介してます。

 

■オンラインサロンもはじめてみたり!

【無料】女性向け副業オンラインサロン始めました。

 

副業をはじめてみたい女性のための無料オンラインサロン

わたしがかつてやってきたことを公開しているのですが、リリース当初からたくさんの方にご参加いただいてます。

 

大人になっても夢を持つことはできる

大人になったら会社で働いて、大きな夢なんて持ってちゃダメだって思ってました。なんとなく天井見えてるし、憧れる先輩もいないし・・って。

でも気づいたら毎日パソコン触っては、海外に行って感じたことを発信したり・・・好きなこと仕事にできてるかもしれない、、、

って気づいたのは、アメブロを始めて8年以上も経ってからでした。笑

 

インターネットの力を使えば本当に好きなものに出会えるってことを、これからもっと広めていけたらいいなあ。

 

まだまだわたしの挑戦は続きますが、今どうなってんのかな〜?くらいの感じで、見に来てもらえたら嬉しいです。

やってること急に変わったり、意味不明なことはじめるかもしれませんが、今この世にないものをおもしろいことをして過ごしていけた嬉しいです。

 

ここまで読んでくれて本当にありがとうございました!!!

 

 

もっと詳しいことを知りたいって方は、無料のオンラインサロンに入ってみてください^^

このプロフィール以上に、過去のストーリーについても暴露していたりします。笑

 

 

 

サービス一覧

現在ご提供中のサービス一覧はこちら

 

相羽みうのメディアはこちら

YouTubeチャンネル

Twitter

Facebook

Instagram

 

◆初心者向けの動画セミナー集はこちら

ネットビジネス初心者の方へ

 

◆実績一覧

アフィリエイト・売上一覧/雑誌掲載情報/推薦者の声

 

◆実績一覧

お客さまの声

 

◆夫は動画制作やウェブ周りを担当しています。

動画プロデューサー相沢涼のブログ