本は全部読まなくていい!価格以上の価値を得るための読書法とは?!

 

こんばんは、相羽みうです。

本って読みますか?

わたしは平均より読んでるとは思いますが、活字読むのが得意じゃないので音声教材とかで勉強しちゃうことが多いですが、、

でもいろんな人の話を聞いていると、本を読んでる=稼げてる、目標を達成できてる、とは限らないなあと思うことがよくあります。

 

めちゃくちゃ本読んで物知りだけど・・・みたいな。

小説のように本そのもの、読書そのものを楽しむなら別として、勉強のために読む本っていうのは結局書かれてることをやらないと意味がないと思うんです。

 

なのでわたしは最近始めたばかりですが、本を読んだらこんなふうにメモを取るようにしてます。

このメモは他人に見せるわけじゃないので、本の内容全てを網羅している必要はなく、結局この本を読んだ結果何を自分の生活に活かそうと思ったのか?

だけを箇条書きで簡単に書いてます^^

 

このときはインスタで知った、日本1売り上げのあるキャバ嬢エンリケさんの思考を知りたくて読んでみました。

最近は業界問わずその世界のナンバーワンの価値観とかを知りたくて、いろんなジャンルの本を買ってますね^^

 

 

本は折角買ったら全部丁寧に読まないともったいないなんて思うかもしれないですが、隅から隅まで読んだとしてもやらなきゃ自分の人生は何も変わんないっす(^_^;)

これが本の価格以上の価値を手に入れるための読書法かなあと。

 

ちなみに本屋さんで立ち読みしたときはおもしろいなって思って買ったのに、家帰ったら読まずに並べてるだけ、いわゆる積ん読(ツンドク)になっちゃってる人も多いんじゃないかと思うんですが、

これは買ったからには元を取るべく最初から綺麗に読まなきゃと思ってしまってるからじゃないですかね。笑

 

立ち読みのときは目次見ておもしろそうなところだけ読むからワクワクできるんですよね。

 

でも全部読んで苦痛になってたら本末転倒なので、自分の今の悩みを解決してくれそうなところだけ読んでノートにメモでも全然いいと思います。

まずは本に慣れることが大事なので、本を読むこともハードルを下げまくって少しずつ慣れていけばいいですよね^^

 

あとは本が苦手なら諦めてその道のプロにお金を払って聞くってのも1つだと思います。

経営者さんの多くが本をたくさん読む人が多いですが、たまに

「俺は本が苦手だからもう諦めて得意な人に聞きに行くで〜」って言ってる人もいたりします。

 

なのでビジネスのために本を読むのは、あくまでも情報を得るために読むっていうのを心がけて見るとだいぶ変わるはずです。

 

 

無料で「次世代女性の働き方」セミナー動画がもらえます!

わたしは元々どこにでもいる事務OLでしたが、家で仕事をしながら好きなときに海外旅行にいったり、充実した毎日を送っています。

 

じゃあ一体どうやって今のような生活に!?と思われるかもしれませんが、最近では年齢関係なくお金と時間の自由を得ている人はひっそりと存在していたりします。

会社に雇われるのではなく、自分のビジネスを持って会社を経営しているからです。
難しそうに聞こえるかもしれませが、インターネットを使えば、才能や運なんて関係なく努力次第で誰でも人生を変えることが可能です。

 

27歳の頃、自分が労働するんじゃなくてインターネットが代わりに働いてくれる方法というのを学びました。

ずっと会社員、主婦+パートとして働くしかない人生だと思っていたわたしにとって、何歳からでも本気で勉強をすれば、生まれは変えられなくてもその後の人生を変えられるということを知ってからは、世界が広がって人生の充実度が劇的に変わりました!

 

楽しく仕事をができる人が増えれば、世の中はもっと良くなっていくと本気で考えています。

期間限定で配布していますのでぜひこちらから受け取ってみてください。

「次世代女性の理想の働き方」セミナー動画を受け取る!

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

元々手取り16万の事務OLをしてましたが、夫婦で会社を辞めてマーケティング会社を経営する20代です!

紆余曲折ありましたがビジネスを勉強しまくった結果、最後に信じられるのは何に依存せずとも生きていけるスキルだと気づき、女性限定のビジネスアカデミーを主催しています。
広告はほぼ使っていないので、私と価値観の似たクライアントさんが集まっていて、向上心も高く楽しいコミュニティです。

小学生の頃からパソコン、ネットが大好きでそれを仕事にできているのはとても幸せです。

具体的な仕事は、スクール運営/コンテンツ販売/サービス販売代行(詳細はメルマガから)

詳しい物語プロフィールはこちら
動画プロデューサーの夫(相沢涼)のブログはこちら