AKB総選挙で80位にランクインしたメンバーの投票数を知っていますか?

 

 

こんばんは、相羽みうです。

今回もツイッターでやったアンケートから、読みたいと言ってくださったものを記事にしてみました。

 

最近は記事ネタが溜まりすぎていて、全部使いきれないのでどれを読みたいのかときどきツイッターで質問させてもらっています。

定期的にやろうと思っているので、見かけた時はぜひお願いします^^

 

好きなものの多様化

ところで、最近よく思うのが2010年以降、人の趣味というのはかなり多様化したな〜ということです。

これはネットの普及がすごく大きいとは思うのですが。

 

昭和や平成初期の頃って、もう「この年はみんながこれに夢中でした!!!」みたいな流行の押し付けがあったような気がします。

例えば、昭和何年かわからないですが昔だと、今女の子がみんな憧れるのは「松田聖子ちゃん」とか、今年流行った曲は「木綿のハンカチーフ」とか!

もうなんかトレンドがテレビというメディアによって作られてた感があったと思うんですよね。

 

もちろんこれ自体が悪いわけではなくて、何十年経っても歌い継がれる名曲ってほんとすごいと思うし、伝説もアイドルの存在も素晴らしいです。

ただ今年の曲はこれ!みたいなのがあったとしても、みんながみんなその曲本当に好きかって言われたらそうとは限らなくないですか?

 

でもそれがネットの普及とともに崩壊した。

そこからどんどん人の好きなものは多様化していった。

 

少数派でも怖くない

ネットが普及してからというものの、浜崎あゆみが圧倒的人気を誇っていたすぐ後は、今の時代はこの人という歌手が不在の時代が長く続きました。

「時代を代表する歌姫不在」だとか

「今は印象に残る歌がない、ヒット曲がない」

なんて言われますが、実は私はそう思っていなくて。

 

むしろみんなが本当に好きなものを好きと言える時代になった、そんないい時代なんじゃないかなあと思います。

その代表的な例はAKB48の出現。

彼女たちは人数が多いので、そのメンバーの中で誰が好きなのかを話し合うことで話題になった。

しかもそれを投票制度でそれぞれのファンに応援させることで、さらに盛り上がるという構図。

おもしろいですね。

 

わたしもネットにハマった元を辿れば、超マイナーなバンドについてネット上でだけは語り合う仲間がいるというのがきっかけでした。笑

普通に中学に通っていると、マイナーすぎて誰も知らないんだけど、こうして趣味で繋がれるネットの世界ってすごいなあと今から15年ほど前に思ったものです。

 

超少数派でもマネタイズ可能

今の時代は、世間一般に知られてるかどうかというのはほぼ意味をなさないなと感じます。

わかりやすいのがYouTuberの存在。

一般的に知られてるのはヒカキンさんくらいじゃないかな?

 

他にも高校の同級生数人でチャンネル運営をしているフィッシャーズとか、実験系イケメンYouTuberのはじめしゃちょーとかは割と有名かもしれませんが、それでもわたしと同世代の女性からはほぼ知られていないかもしれません。

他にもチャンネル登録30〜60万くらいで事務所に属しているYouTuberというのは山ほどいて、それくらいあればYouTubeだけで生活できるくらいだと思うのですが、彼らのほとんどは一般的に無名です。

 

それを言っちゃえば、わたしの方がさらに無名なわけですが。笑

でも同世代の女性の年収でいえば、上位0.1%か0.01%くらいになるんじゃないかな?

 

ファンの数自体は超少人数でも、キャッシュポイントの作り方によってマネタイズ可能です。

要するに大事なのはコアなファンです。

自分のことを知っている人数じゃないです。

 

数も大事なんですが知ってくれてるだけじゃあんまり意味がなくて、この人の発信を見たいとか応援したいそう思ってくれるようなコアなファンの数が大事です。

 

誰もにファンはできる

ありがたいことにそれが今の時代だと、無料でネットでできる。

誰にでもファンはできるんですね。

 

見ての通りわたしなんて大して美人でもなく、金持ちの家に生まれたわけでも、学歴がいいわけでもありません。

それでも1つのことを発信し続けていれば、いつの間にか応援してくれる人だったり、熱いメッセージをくれる人が毎日のように現れるようになりました。

 

せまーい範囲でいいから有名になりましょう!

一般的に知られなくていいから、知る人知る、唯一無二の存在になりましょう。

そしてそんなファンの人たちをどうか大切にしてみてください。

 

家族や友達以外に、こうしてかげながら応援してくれる人がいるというのはすごく力になります。

わたしがブログを何年も書き続けられているのは、もしかするとこれを読んでくれているあなたのおかげかもしれません^^

 

AKB48に80位でランクインした子の投票数を知っていますか?

あと最後にこの話をしておきたいです。

AKB48の選挙について気になって調べてみたことがあったのですが、一番最後の順位80位にランクイン入りしたメンバー「松岡はなさん」の投票数はどれくらいだと思いますか?

 

よくテレビにも出ている上位メンバーはそれこそ10万票以上、指原さんに関しては25万票も獲得しているすごいレベルですが・・・

 

 

80位にランクイン入りした松岡はなさんの獲得票数は、

なんと・・・

 

15,396票です!!!!

 

いやこれはすごいなと思ってびっくりしましたよ。

全然知らないメンバーでしたけど。

 

投票するにはいろいろな方法があって、CDを買う以外にも、月額300円のファンクラブ?的なやつに入っても1回投票できるみたいなのですが、

もし仮にこれが1,000円のCD券と仮定したら、

1,000円 × 15,396 = 約1,500万!!!

 

あの中学生くらいの少女の魅力て、1,500万も集めてると思ったらそれこそすごいなーーーとマジでびっくりしました。

もちろんそのうちどれくらい彼女に還元されているかはわからないですけど。

 

正直これだけ投票してくれるファンいるなら、メディア作る力さえあれば1人でもビジネスしていけると思うんですよね。

これでさらにマーケティングとかセールスできるようになったらやばい。

 

まあ何が言いたかったかというと、狭い範囲でファンをつくるのは実は世間で思われてるより難しいことじゃないよってことが言いたかったんです。

もちろん何が求められているか知る努力は必要ですが、やるかやらないか的なところはあります。

 

会社員をしながらでもファンをつくるのは全然できるので、ぜひメディアを作っておくことです!

会ってみたいです、とかすごいですねとか、いつもいいねくれる人がいたらその人はすでにあなたのファンになってるといっても過言ではないです。

 

今は趣味が多様化しているので、自分のファンをつくったもん勝ちです!

 

 

無料で「次世代女性の働き方」セミナー動画がもらえます!

わたしは元々どこにでもいる事務OLでしたが、家で仕事をしながら好きなときに海外旅行にいったり、充実した毎日を送っています。

 

じゃあ一体どうやって今のような生活に!?と思われるかもしれませんが、最近では年齢関係なくお金と時間の自由を得ている人はひっそりと存在していたりします。

会社に雇われるのではなく、自分のビジネスを持って会社を経営しているからです。
難しそうに聞こえるかもしれませが、インターネットを使えば、才能や運なんて関係なく努力次第で誰でも人生を変えることが可能です。

 

27歳の頃、自分が労働するんじゃなくてインターネットが代わりに働いてくれる方法というのを学びました。

ずっと会社員、主婦+パートとして働くしかない人生だと思っていたわたしにとって、何歳からでも本気で勉強をすれば、生まれは変えられなくてもその後の人生を変えられるということを知ってからは、世界が広がって人生の充実度が劇的に変わりました!

 

楽しく仕事をができる人が増えれば、世の中はもっと良くなっていくと本気で考えています。

期間限定で配布していますのでぜひこちらから受け取ってみてください。

「次世代女性の理想の働き方」セミナー動画を受け取る!

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

元々手取り16万の事務OLをしてましたが、夫婦で会社を辞めてマーケティング会社を経営する20代です!

紆余曲折ありましたがビジネスを勉強しまくった結果、最後に信じられるのは何に依存せずとも生きていけるスキルだと気づき、女性限定のビジネスアカデミーを主催しています。
広告はほぼ使っていないので、私と価値観の似たクライアントさんが集まっていて、向上心も高く楽しいコミュニティです。

小学生の頃からパソコン、ネットが大好きでそれを仕事にできているのはとても幸せです。

具体的な仕事は、スクール運営/コンテンツ販売/サービス販売代行(詳細はメルマガから)

詳しい物語プロフィールはこちら
動画プロデューサーの夫(相沢涼)のブログはこちら