頭がいいから医学部入るのはもったいない!?

 

 

こんにちは、相羽みうです。

 

今でさえこんな自由な生き方をしていて、大きな組織にも属さずにいきているわたしですが、かつては学歴至上主義でした。笑

 

中学生の時から地元で1番レベルが高いという塾に入り、そこでも上位20%?くらいだったかな。

そうやって入った高校では、とりあえずみんな京大か阪大を目指しましょう、みたいな校風のところでしたね。

 

なのでみんなこんな雰囲気だからこの大学行きたい、これが学びたいからここ、なんて決め方じゃなくて、「とりあえず偏差値の高いところを目指すのは当然だw」

なんて考え方がごくごく当たり前でした。

 

そういう学校、先生の教えの元で勉強していると、なんだか偏差値が低いとクラスでも自己主張できない、みたいな雰囲気も漂ってて。笑

辛かった時期もありましたよ、、

(頭いい人がスクールカーストも高い的な)

 

でね、中には成績がいいという理由だけで、医学部を目指している人もたくさんいましたね〜。

使命感や親も医師だからって人もいますが、現実ってそんな感じの人も多いです。

 

なぜかというと、わたしが高校生くらいの頃って日本全体が不況で、学歴が良くても就職できない人もいるっていうニュースが結構流れていたんですね。

ポスドク問題といって大学院、修士、博士を取っても、逆に企業としては扱いづらいから採用されないというケースも多いですし。

 

そうなった時、医学部なら高い月謝の私立に行ったとしても、ほぼ100%医師免許を取得でき、生涯年収でいったらペイできちゃうっていう計算なんですね。

だから将来就職できないかもっていう不安を見越して、自分のやりたいことよりも確実に頑張りがペイされる医学部に流れた人が多かったと思います。

わたしも大学受験時代から早10年が経ちました。

 

高校時代からの友達で、医学部に進学した友達と話すことがありました。

彼はどちらかというと、お金持ちになりたい目的で医学部の道に進んだタイプでした。

(もちろん使命感もちょっとはありますが)

 

やっぱり下っ端は覚えることも多くて、研修医に時期は30万くらいしかもらえないそうです。

あとは勤務先が許容してくれていれば、宿直担当など比較的楽で高収入のアルバイトはあるらしいのですが、

それを聞いても結局は労働なんだなあ、、と思ってしまいました。笑

 

もし自分が体を壊してしまえば、アルバイトはおろか無収入となってしまう可能性もあるわけです。

 

しかも高校・大学とほとんど遊ぶことなく勉強した結果、あんまりレバレッジも効かない気がします。

 

 

お金持ちになりたいならもっと他の道もあるのになあ・・・と。

ただ彼の場合は医学部に入ってしまったからこそ、別の世界の情報が入りづらかったこと、

そして医学部とは一旦入ってしまえば、極めて他の道に進みづらいというのが

 

もったいなかったように思います。

 

あとは彼自身も言っていたのですが、ちょっと頭のいいやつが頭のいい集団に行ったところで、なかなか目立てないと。笑

世の中には化け物みたいな天才がいっぱいいるそうです。

 

これもブログの世界でも同じだなあと思います。

 

 

SNSで集客したい女性が、女性起業家さんがたくさんいる集団の中に飛び込むことは、よっぽどでない限り埋もれてしまうことも意味しています。

それなら自分のキャラクターやスキルが珍しいと思ってもらえる分野に、飛び込んでいった方が、なにかと特をすることは多いですね。

 

 

わたしが今所属しているとあるコミュニティは、20代女性がほとんどいなくて、30〜40代の男性が多いです。

同世代や友達と話している時には、話題にも登らないようなことを聞けて勉強になります。

 

 

PS.

もし彼がビジネスを始めたいと言い出したらの話ですが、医学部のリアルを伝えるブログとメルマガを始めてもらいますね^^

ターゲットにもよりますが、学生なら医学部専門予備校と提携して紹介料で稼ぎます。(医学部予備校はびっくりするほど学費高いので、年1000万とかいく人もいるようです。)

もしくは医者の転職サイトと提携します。

 

しかもある程度記事を作ったら、あとは産休中の女性医師やバイトをしたい後輩に、ライターとして仕事を振って、自分は働かずにすむようにします。

 

どちらにしてもお金持ち、高所得者とつながりがあること自体はかなりのアドバンテージなので、それをネットビジネス業界に生かせば、ライバルは皆無なので一人勝ちですw

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしは元々どこにでもいるOLでしたが、現在は月500万の収入を得ています。
夫と2人、自由な毎日を過ごしています。

こんなこと言うと一体どんな仕事をやっているんだ!?と思われるかもしれませんが、最近では年齢関係なくお金と時間の自由を得ている人はひっそりと存在していたりします。

 

会社に雇われるのではなく、自分のビジネスを持って会社を経営しているからです。
難しそうに聞こえるかもしれませが、インターネットを使えば、才能や運なんて関係なく努力次第で誰でも人生を変えることが可能です。

 

27歳の頃、自分じゃなくてインターネットが代わりに働いてくれる方法というのを学びました。

わたしもかつて憧れの人にやり方を教えてもらったように、次世代の女性にも稼ぐスキルを知ってほしいという思いでメルマガをつくりました。

こちらからぜひ登録してみてください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー