起業に大きな野望は必要ない。わたしは元モー娘。の辻ちゃんに影響されてブログを始めた。笑

こんにちは。
相羽みうです。

 

「世の中を変えてやる!」

そんな大きな野望がないと
ビジネスなんて成功しない。

そんな言説がありますが
全くもって意味不明です笑

 

そんな言説がまかり通るのであれば
現在多くの人々に価値を提供している
企業やインフルエンサーのほとんどが
存在しないことになります。

 

HIKAKINさんは
趣味でYouTubeに動画をあげているうちに
いつのまにかそれが仕事になりました。

ホリエモンはパソコン好きが高じて
そのスキルを活かして会社を起こしました。

私の知り合いの経営者さんは
会社での自分のダメダメっぷりに絶望して
周りを見返すためにビジネスを始めました。

 

彼らには「世界を変えてやる!」
なんて思いはあったのでしょうか?

絶対ないです・・・笑

 

自分の動画を見て欲しい。

自分の得意を活かしてお金を稼ぎたい。

自分のプライドを守りたい。

 

みんな自分のためにビジネスを始めています。

 

 

私だってそうです。

私がブログを始めたのは
元モーニング娘の辻ちゃんが
ブログでお金を稼いでいるというのを聞いて

「辻ちゃんでできるなら私でもできるんじゃね?」
という気持ちからです。笑

 

芸能人でもない私が
ブログですぐに稼げるようになった
訳ではなかったですが、、

いわばお小遣い稼ぎのつもりで
ビジネスを始めたわけです。

 

これも当然自分のためです。

ビジネスを始める理由なんて
みんなこんなもんです。

 

誰だって自分が一番大事です。

自分本位でビジネスを始めるのは
ごくごく当たり前のことなのです。

 

 

確かに一昔前であれば
ビジネスを始めるためには
大きな覚悟が必要でした。

なぜならビジネスには
大きなリスクが伴ったからです。

 

商品を作らなきゃいけない。
店舗や事務所を借りなくちゃいけない。
人を雇わなきゃいけない。

当然自己資金だけでは到底足りないので
借金をしてビジネスを始めるしかありません。

やはりそれなりの覚悟を持たなければ
やっていけなかったことでしょう。

 

 

ですが今は状況が全く異なります。

商品はいらない(他人が作った商品のアフィリエイトでOK)。
店舗も事務所もいらない(ネット上で完結)。
人を雇う必要もない(ネットが代わりに働いてくれる)。

借金どころかリスクを何一つ背負うことなく
ビジネスを始めることができます。

なので覚悟とかいらないです。

 

ノーリスクなので
自分の好きなようにビジネスを始められます。

もちろんある程度の勉強や投資は必要ですが
一昔前に比べればリスクでもなんでもありません。

なのでビジネスを始めるのに
大きな野望とかいらないです笑

 

というかいきなり
「世界を変えてやる!」と意気込んだところで
そんなこと無理ですよ。

逆にそんなに意気込んでしまうと
行動できなくなると思うんですよね。

 

ビジネスをしたこともない人間が
資金も人脈もない中で
世界を変えるほどの
事業を展開できるわけがありません。

生まれたての子鹿が
ライオンに勝負を挑むようなものです笑

 

結果、自分の無力さに絶望し
何も行動できずに終わります。

 

 

だったらまずは
自分のわがままを叶えること
をモチベーションにして
ビジネスを始めた方が
よっぽど世の中のためになります。

自分が自由に暮らせるだけのお金を稼いで
経済的・精神的な余裕を持ってから

世の中を変えるための事業を始めても
全然遅くありません。

 

まずは家族や周りの人との
豊かな暮らしをする夢を
叶えてからで十分です。

 

 

私は6年間ビジネスをやってきましたが
やっと最近になって世の中を変えていきたい
って思うようになってきました。

世の中の女性の働き方を変えることで
様々な選択肢の中から
自分の道を選ぶことができる
ってことを伝えていきたいと
思うようになりました。

 

6年かかってやっとです・・・。笑

なので最初は自分のためでいいです。

自分のためにビジネスを始めたらいいんです。

 

「お客さんに価値を与える」
というビジネスの大前提は
頭に入れておく必要はありますが

まずは
「自分のために、お客さんに価値を与える」
でもまったくもって問題ありません。

 

大きすぎる野望のせいで
何もできずに終わることこそが害悪です。

自分のために
今できることから始めればOKです!

>理想のお客様に囲まれて、幸せに続けられるビジネスをはじめよう!

理想のお客様に囲まれて、幸せに続けられるビジネスをはじめよう!

小学生からインターネット大好きだった私がたどり着いた、自分の特性を生かして、楽しく価値提供ができる仕組みづくりを紹介しています。