小手先のテクニックなんかより100倍大切なことがあります

こんにちは。
相羽みうです。

 

私は現在Facebookは
ほとんど利用していません。

というのも
Facebookで流れてくる情報とか広告って
どれも小手先のテクニックばかりで
全然面白くないからです笑

 

コピーライティングがどうとか
ライン@の使い方がどうとか
動画を使った集客がどうとか…

まあ確かにどれもビジネスにおける
一つのテクニックではあるのですが
結局それらって枝葉に過ぎません。

そんなことよりもずっと大事な
ビジネスの幹の部分が
すっぽり抜け落ちています。

 

 

ビジネスの根幹をなすものっていうのは

・お客さんに価値を届けること
・コツコツ継続すること
・自分のコツコツ続けた努力をもとに仕組み化すること

この3つです。

 

 

「なんだそんなことか。そんなことわかってるよ」
って思った方は結構ヤバいということを自覚した方がいいです。

そういう人っていうのは9割がた
お客さんに価値を与えることを忘れているし
コツコツ継続せずに楽な方法を探しています。

 

逆に「その通り!よく言ってくれた!」
と思った方は将来安泰です。
今のやり方で迷わず進んでください。

 

 

数年前まで、私はとあるコミュニティに所属していました。
そのコミュニティの中で
上記のような小手先のテクニックで勝負している方も
結構いらっしゃったんですよね。

で、そういう人があっさり結果を出したりするわけです。
個別コンサルで50万とか100万とか売り上げたりするわけです。

 

当時は、どう考えても私の方が質の高いビジネスしてるのに!
なんてイライラすることもありました…笑

 

 

でも私は小手先のテクニックには逃げませんでした。

自分の持っている知識に加えて
とにかく勉強しまくってノウハウを頭に叩き込み
学んだことは全て動画やブログにして資産化し
自分が動かなくてもお客さんに価値を届けられるよう
すべてを仕組み化していきました。

 

その間、わりと簡単にお金になる個別コンサルは
一切とりませんでした。

個別コンサルはお金になるかもしれませんが
仕組み化の概念とは真逆のビジネスモデルだからです。

 

 

私は仕組み化にこだわって
コミュニティの運営とオンラインスクールの販売に
全ての時間を費やしました。

仕組み化にこだわるのは
あくまでもお客さんに効率よく
サービスを提供するためで、
もちろんコンテンツの質を
上げることに1番力を入れてきたのは
いうまでもないですよ^^

 

 

そして今。
コミュニティのメンバーは80名を超え
オンラインスクールの販売総数は150本を超えました。

毎日何かしらの商品が売れています。

 

(自社サービス以外の)アフィリ案件も含めると
毎日複数個のサービスが売れています。

 

 

当時小手先のテクニックで売れていた人は
いつのまにか消えていました。

彼らがどうしているのかは
わかりません。

 

 

ビジネスって続かないと意味ないと
私は思っています。

一時的にお金を稼いだところで
続かなければそれはただのお小遣い稼ぎです。

本当に仕事にしたいのであれば
継続できるビジネスモデルを構築しなければなりません。

 

 

その継続できるビジネスモデルを成立させるための条件が

・お客さんに価値を届けること
・コツコツ継続すること
・自分のコツコツ続けた努力をもとに仕組み化すること

なんです。

 

どれか一つでも欠けていれば
それはビジネスとして成立しません。

 

 

小手先のテクニックに逃げたい気持ちも
分からなくはないです。

すぐに結果が欲しいし
すぐにお金を稼ぎたいという気持ちもわかります。

 

ですがそこに逃げてしまった時点で
それはビジネスではなくなります。

 

 

コピーライティングを学ぶよりも
実際にブログやSNSを立ち上げて
文章を書いてみることの方が100倍大事です。

ライン@について細かく研究するよりも
さっさとライン@を始めて
毎日投稿する方が100倍大事です。

動画の編集にこだわるよりも
編集なしでもいいから動画を投稿することの方が
100倍大事です!!!

 

 

まあ簡単に言えば
テクニックとかどうでもいいから
お客さんに価値を届けろってことです。

 

お客さんの立場でいるときは
ごく当然のことだと思いますが、
人は価値を受け取りたくてお金を払うわけです。

ビジネスにおいて一番大事なのは
そこですから^^

>理想のお客様に囲まれて、幸せに続けられるビジネスをはじめよう!

理想のお客様に囲まれて、幸せに続けられるビジネスをはじめよう!

小学生からインターネット大好きだった私がたどり着いた、自分の特性を生かして、楽しく価値提供ができる仕組みづくりを紹介しています。