東大院卒&NY在住の瀬里沢マリさんと京都デート♡オススメ観光スポットの紹介

 

 

こんばんは、相羽みうです!

先日NY在住の瀬里沢マリさんと京都デートしました〜😃

 

マリさんとの出会い

マリさんは「高学歴女子の恋愛サロン in NY」というブログが人気なのですが、実はわたしが今の働き方を知るきっかけとなった人物でもあるのです!笑

ちょうど今から2年前の話ですね〜。

 

当時わたしは、アメブロでOLブロガーとして闇雲にブログを書いていたのですが、偶然マリさんのことを見つけてスカイプの恋愛セミナーを受けたのが始まりでした。

マリさんのノウハウがめっちゃすごくて説明もわかりやすかったし、そのおかげでりょうちゃんと出会えたといっても過言ではないかも^^

 

わたしはお小遣い程度の収入しかなかったのだけど、マリさんは恋愛コンサルタントとしてわたしの何十倍もの収入があるということを知って、そのあと日本に帰国されるという情報を聞いて、はじめて人に会うためだけに東京へ行って個別コンサルを受けるという経験をしました!

 

いや〜当日はごく普通のOLだったので、人に会うための投資というのをそれまでしたことがなかったのでドキドキしましたが、あの選択と行動力のおかげで人生が変わったので自分を褒めたいですね!笑

 

京都デートへ

で、そんなマリさんは日本へ帰国されるたびに連絡をくださっていて、時々お会いしています^^

わたしが27年間住んでいた京都を夕方まで観光したいのですが、、というリクエストメールをいただいたので、ここは腕の見せ場だ!と思い、超メジャーではないけれどザ京都的なスポットを探してみました^^

実際に行ってみて、めっちゃいいところがたくさん見つかったのでブログでもご紹介したいと思います!

 

今回は全て東山近辺になります。

東山あたりというと、有名な観光地でいえば清水寺や八坂神社があるところになります。

ちなみに大学生の頃、年末年始に八坂神社で巫女のバイト経験ありw

めっちゃ寒かったので二度とやりたいとは思いませんが・・・笑

 

今回行ったのはこちら!

ちなみに平日のお昼過ぎになりますので、混雑具合などは土日行くときの参考にはならないかもです。

 

建仁寺

ここは超オススメスポットです!

清水寺や金閣寺と違って行ったことある人が少ないのと、京都の中心地からのんびり石畳を歩いてるうちについちゃう距離なので。

中は思った以上に広いので、入館料500円で結構楽しめると思います。建物に入らず庭だけをうろうろするのであれば無料です。

 

建物の中はタイムスリップしたような、時間がゆっくり流れている感じがしました。

綺麗な絵が描かれた屏風。

 

緑が綺麗な尾庭と建物

 

縁側的なところに座って、のんびりマリさんとビジネスのお話ししてました。笑

6月だったんですがさわやかな風が吹いていて、天気がよかったのでいい気分です。

 

天井全体に描かれている大きな龍の絵。

龍の絵って神社とかお寺の天井に描かれてること多いけど、なぜなんでしょう・・・

調べておこう。

 

こちらはパンフレットにもなっている世界遺産?にもなっている屏風です。

 

建仁寺派めっちゃ広くて、スリッパに履き替えて別館のお茶室を見れたりもするのでおもしろいです。

心が洗われるよ〜ってマリさんが何度も言ってました。笑

ますます社会貢献したくなったそうです^^

 

ちなみに建仁寺はインスタもがんばっててなんだかそれがすごい嬉しかった!笑

インスタグラマーがコンサル入ってるのかな?

 

ちゃんとハッシュタグとか、写真の撮り方とかもしっかりしていて、お寺とか神社って意外とインスタ映えするからもっとこういうの増えたらいいなって思いました。

 

 

高台寺塔頭 圓徳院

こちらは秀吉の正室ねねが建てたという、高台寺の別館です。

実はこちらの別館、アメックスゴールドを持っている人だけが入れるラウンジとして、公開されているものです。

詳細は京都特別観光ラウンジをご覧ください。

 

前から存在は知っていたのですが、当時のわたしはカード持っていなかったため・・・入ったことはありませんでした。

でもちょうど今回、法人の経費用に持ち歩いていたので入れました〜^^

今でも普通にねねさんの末裔的な方が住んでおられるようで、すごいな!って感じでした。

 

ラウンジからの景色はこんな綺麗な緑が。

 

お部屋の中の様子はこんな感じ。

 

お茶出してくれました。

確かひやしあめ、と言われていて。

調べてみると関西独自の、お湯で溶いた水飴にショウガを加えたものを氷にしたものが入ってるっぽかったです。

喉に良さそうでめっちゃおいしかった。どこで買えるのかな?って感じでした。

こんなお上品な器に乗せて出していただきました。

 

高台寺あたりの細い道は、石畳で京都っぽいのでぜひ寄り道してみてください^^

着物着てデートとかすると、どこで撮っても絵になるのでめっちゃおすすめです。

 

屏風のインスタ映え具合がやばい!!!笑

インスタすればいいのにな〜と思って検索してみたらやってた。

 

でも高台寺の中でインスタやってます!ってアピールが見当たらなかったからちょっともったいないかも><

 

都路里 祇園本店

ここまで来るのに結構歩いたので、カフェにいきました。

ピーク時は過ぎていたもののさすが都路里本店、ちょっと並びました。

(10回以上行っているとわかるのですが、あえて客の回転率を悪くすることで並んでいる感を演出しているお店でもあるのですが・・・笑)

 

こちらは抹茶パフェが有名ですが、夏季限定のかき氷があったのでこちらを注文しました。

 

お店の内装も京都感たっぷりなのでぜひ行ってみてください〜!

京都駅と祇園にあります。

お客さんも着物着てる女の子たちが多くて、雰囲気があってよかった^^

 

お土産

高台寺近くにお土産屋さんがあったのでみていたらわたしも欲しくなって買ったのがこちら。

桐の箱に入ったレターセット♡

夏っぽくて可愛い。

 

メールでなんでも伝えれる時代だからこそ、こういう素敵なレターセットで手紙を書くのっていいですよね〜。

しかもこのお店限定のデザインって書いてあったので、思わず限定性の法則で買っちゃいました。笑

 

たまに尊敬する人には手紙でお礼を伝えたりするので、その時に使おうかな?

あとわたしのセミナーでもお手紙をいただくこともあるんだけど、それ一番心に響く・・・がんばってきてよかったなあって。

 

観光ビジネスについて

マリさんと話していたんだけど、京都の観光地はめっちゃ高額なものが売ってないからもったいないのだそうな。

マリさんは東大出身でNY在住ということもあって、お金持ちがたくさんいる環境で生活されているだけに、

「日本に来る外国人観光客の中には、大富豪でお金を持て余している人がたくさんいるのに、めっちゃ高いものが売っていないから使いどころがない」

って話をされていたんです。

 

確かにな〜、、、食べ物でも高くて1人2万とか。観光やお土産くらいなら全然高いものは売っていません。

別にすぐ売れなくてもいいから、数十万とかする金箔を使ったお土産とか置いてみてもいいのになって思いました。

 

あとは富裕層向けの超おもてなし&リッチな旅行のツアーガイドサービスとか。

日本のホテルもスイートで1泊20〜30万とかも安すぎるそうです。

海外に行けば1泊200万とかありますもんね。

お金持ちはお金持ちで使いたくても使いどころがないし、困っているのだと。

 

贅沢な悩みだな〜と思うかもしれませんが、これから日本はどんどん人口が減っていく一方で、収益をあげるには海外からお金を落としてもらうしかないわけで。

誰に払ってもらうかというと、富裕層でお金が余っている人の心をつかむことが一番なのですが・・・そういったサービスがないというのは、リピーターになってもらうのも難しくなりますよね。

 

売上を上げようと思ったらお金を持っている人が欲しいと思うもの、これからだったらモノより体験がいいのかなあ?と思います。

わたしもネットビジネスだけじゃなくて、ゆくゆくは実業もやっていきたいと思っていて、京都に住んでいたことを生かして自社の広報コンサルとかもできたらおもしろそうだなと^^

 

マリさんといろんな話をできて本当に楽しかったな〜!

やっぱりこうしてビジネス目線で話せる友達がもっとたくさんできたらいいなと改めて感じる旅でした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしは元々どこにでもいるOLでしたが、現在は月500万の収入を得ています。
夫と2人、自由な毎日を過ごしています。

相羽みうの詳しいプロフィールを見る!

こんなこと言うと一体どんな仕事をやっているんだ!?と思われるかもしれませんが、最近では年齢関係なくお金と時間の自由を得ている人はひっそりと存在していたりします。

 

会社に雇われるのではなく、自分のビジネスを持って会社を経営しているからです。
難しそうに聞こえるかもしれませが、インターネットを使えば、才能や運なんて関係なく努力次第で誰でも人生を変えることが可能です。

 

27歳の頃、自分じゃなくてインターネットが代わりに働いてくれる方法というのを学びました。

わたしもかつて憧れの人にやり方を教えてもらったように、次世代の女性にも稼ぐスキルを知ってほしいという思いで学ぶべきことをまとめたセミナー動画をプレゼントしています。

ぜひこちらから受け取ってください。