夢を描けないのは知らないから

 

 

夢を描くといっても大人になってから、こうなりたいという未来も、なりたい姿も考えられなくなりました。なれるわけないのに考えるなんて、子どもみたいって思ってしまいます。

こんなコメントをいただきました。

夢なんてない

私も手取り16万のOLだった時、夢なんてありませんでした・・・笑

当然のことながら、20年以上同じ仕事をやり続けるお局さんも違う、子供が生まれてレジうちパートの主婦も違う、専業主婦になった私の母も違う。ってあれもこれも違う、何を目指せばいいのだろうって路頭に迷っていました。

未来ってこんなに暗いものなのかなって思っていました。

そこから毎日毎日インターネットで検索をして、出会ったのが副業の世界、ネットビジネスの世界でした。こんなにも時間とお金に自由で、しかも服装もラフで学歴だって関係なく結果を出している同世代がいるのに、大きな大きな衝撃を受けたのです。

ちなみにこの方の半生を描いた書籍が、期間限定で無料なのでぜひご覧ください。人生を変える衝撃作で、超おすすめです。(だいぽんさんの「自由な人生を手に入れる教科書」

でも今はあれから5年も経って28歳になったのに、子どもの頃よりいろんな夢を描いているのです。

  • パリにファーストクラスで行きたい
  • 不労所得を増やしたい
  • ♡型の南の島をセスナで見に行きたい
  • 海外旅行先からウェブ配信をしたい
  • OLさんのための仮想通貨のオンラインスクールを作りたい
  • 雑誌のコラムを担当したい
  • 有料メルマガ配信したい
  • 東京のタワマンに住みたい
  • BMWを買う

パッと思いついたのでこんな感じです。

夢だから自由に描いていいはずなんです。なのに多くの人はなんとなくこう言わなきゃダメかなみたいなレッテルに縛られている気がして、まだ自分一人でさえ幸せで満たされていないのに、

社会に貢献したいから

なんて大それた目標をつくる必要はないです!!!本当に!!!

だって心から本当に望んでいる夢じゃないと、やる気って湧き上がってこないから。とにかく自分がテンションの上がる目標や夢を描きましょう。

夢を描けるようになったのは?

やっぱりこれまでいた世界とは全く別の人と会ったり、情報を積極的に得に行ったから。

衝撃を受けたのは先ほどのだいぽんさんだったり、女性起業界のトップの方だったりしたのですが、こんな生き方でいいんだ!?って思ったんですよね・・・。

会社で働くだけが全てじゃないんだ、受験も就職も失敗した私にとってゲームオーバーかと思われていた人生を復活させたい!!!と思うようになりました。

もっと枠を外して常識はずれなこと考えたっていいんだなって。

インターネットがなければ、リアルに会えない人の意見は絶対に知ることができなかったと思うと、今の時代に生まれてきたことに本当に感謝でいっぱいですね。

だから会社に属さなくても、youtubeからテレビに出てもいいし、インスタグラマーとして1投稿で10万円もらってもいいし、そういう時代なのです。

まずは知ることから

まずは知ることから全てが始まります。

自分が今知っている枠の中だけで夢を考えるからなかなか出てこないんじゃないかな・・・夢を叶えている人を羨ましいで終わるんじゃなくて、どうやって叶えたかその過程を調べていくと、

自分にもできそうなのか?

どれくらいの労力をかければいいのか?

とかなり具体的なやるべきことに落とし込めると思います。私はそうやって少しずつですがステップを登ることができました。

ノウハウも教えてくれる人も誰もいなかった時代に、自らが道を作り夢を叶えることで、私にたくさんの夢を与えてくれた先駆者の皆様には感謝しかありません^^

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしは元々どこにでもいるOLでしたが、現在は月500万の収入を得ています。
夫と2人、自由な毎日を過ごしています。

相羽みうの詳しいプロフィールを見る!

こんなこと言うと一体どんな仕事をやっているんだ!?と思われるかもしれませんが、最近では年齢関係なくお金と時間の自由を得ている人はひっそりと存在していたりします。

 

会社に雇われるのではなく、自分のビジネスを持って会社を経営しているからです。
難しそうに聞こえるかもしれませが、インターネットを使えば、才能や運なんて関係なく努力次第で誰でも人生を変えることが可能です。

 

27歳の頃、自分じゃなくてインターネットが代わりに働いてくれる方法というのを学びました。

わたしもかつて憧れの人にやり方を教えてもらったように、次世代の女性にも稼ぐスキルを知ってほしいという思いで学ぶべきことをまとめたセミナー動画をプレゼントしています。

ぜひこちらから受け取ってください。