ファンを作るライティング術とは?

 

 

夫と二人でネットカフェへ

こんばんは、相羽みうです。

今日は朝と夜は、ZOOMでのオンライン説明会があったのですが、

その間に夫と二人で外食(ロッテリア)に行き、その後漫画読みたいな〜と思ってネットカフェに行って宇宙兄弟を読みまくりました!

 

宇宙兄弟はいい話ですよね〜確か大学のテスト前とかやる気がないときに、これを読んではモチベーションを上げていましたね〜。笑

彼らは宇宙に行くためにかなり過酷な訓練や勉強をしているのに、私はなんて低い基準で満足しているんだって。笑

なんだか自分の中の限界値がぐんと上がっていく、そんな気持ちにさせてくれる漫画です!

どうやったら宇宙飛行士になれるのかとか、宇宙ではどんな仕事をしているのかとか知らないことだらけでめっちゃ勉強になります。

 

 

またアニメ版も全部見ていて、ほぼ漫画に忠実に進んでいくのですが、テーマソングがこれまた希望に満ち溢れて元気になるので、よかったら聞いてみてくださいね^^

 

まずはファン作り

本題はメルマガでものを売るときに大事なことは、まずファンになってもらうということ!

どうやったらファンが増えるのか・・・?

それを考える簡単な方法は、あなたはどんな人のファンかを考えてみることです。

 

私の場合なら、、自分の心のうちを正直に書いている人が好きです。

いい格好だけじゃなくて悪いところも、うまくいかなかったことも、過去の失敗もさらけ出してくれるようなみんなに素直で誠実なブロガーさんがいいなって思います。

 

ありきたりなことばっかりで、どことなく自分を作っている人のブログはなかなかずっと読むことはないですね。

なんだか表面的で薄っぺらくてつまらなくなってきます。

 

他にはどんどん成長し続けている人。これはブロガーや起業家に限らずですが、女優やアーティストでも今の自分に満足しない系の人は大好きです♡

 

だから私はこういう人になれたらいいなって思ってブログを書いたり、メルマガをやったりしています。

 

要はファンになった、憧れの人に自分もなっちゃえばいいのです。急には無理でも近づける努力はできると思うから。

そうすれば絶対見てくれる人がいます。

がんばっている人のこと、リアクションや声は届かなくても絶対人の役には立ちます。

 

おもしろいものを提供しよう

あとはブログやメルマガで稼ごう!となったとき、多くの人は今すぐ売ることばかりを考えてしまいます><

まずは先ほど書いたように自分が好きだと思う人の理由となることをする、などファンを作ることが先です。

 

まずは人に与えること。

何を与えればいいのかというと、実は別に有益な情報を発信しなきゃ!っていうわけでもないんです。

おもしろいものを提供するという視点が大切です。

 

例えばわたしのブログもただひたすらに役に立つ「ノウハウばっかり」書かれていたら多分面白くないと思うんです。

たまに自分の考えだったり、日常の発信をしているからこそ、気軽に見れておもしろいな〜って感じるはずです。

 

お客さんから見た「おもしろい」にも二種類あって、

  1. わかる〜と共感するからおもしろい
  2. 自分の知らない世界のことを知っておもしろい

両方あるといいですよね。

どちらかだけでもお客さんは飽きてしまいます。

 

そして1、2どちらもですがただ教科書のように伝えても、ブログって娯楽なので飽きちゃいます。

だからストーリーで書くのがオススメです。

ポイントは日常で経験したこと、起こった出来事から自分がやっているビジネスやブログでメインに提供しているお話につなげて教えてあげること^^

そうすれば日常の誰にでも起こることから話が始まるので、お客さんはイメージしやすくなるんですね。

わかりやすい記事を書くには具体的に書くところがコツです。

 

抽象的な文章は読む人に、自分のことに応用して考える力だったり、そこからイメージできる力がある場合を除けば難しくて読みづらいな、、と思われてしまうことが多いからです。

まずは中学生でもわかるような文章をイメージするといいですね!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしは元々どこにでもいるOLでしたが、現在は月500万の収入を得ています。
夫と2人、自由な毎日を過ごしています。

相羽みうの詳しいプロフィールを見る!

こんなこと言うと一体どんな仕事をやっているんだ!?と思われるかもしれませんが、最近では年齢関係なくお金と時間の自由を得ている人はひっそりと存在していたりします。

 

会社に雇われるのではなく、自分のビジネスを持って会社を経営しているからです。
難しそうに聞こえるかもしれませが、インターネットを使えば、才能や運なんて関係なく努力次第で誰でも人生を変えることが可能です。

 

27歳の頃、自分じゃなくてインターネットが代わりに働いてくれる方法というのを学びました。

わたしもかつて憧れの人にやり方を教えてもらったように、次世代の女性にも稼ぐスキルを知ってほしいという思いで学ぶべきことをまとめたセミナー動画をプレゼントしています。

ぜひこちらから受け取ってください。