安売りしすぎると地獄を見る…

こんにちは!
相羽みうです。

 

今回はビジネスにおける
絶対的な法則について
お話しします。

この法則はネットビジネスに限らず
全ての経済活動に当てはまるので
知っておいて損はないはず!

 

 

その法則っていうのが
「価格が高いほどクレームが減る」
というもの。

 

ん??
逆なのでは??

と思った方もいるかもですが
これは紛れもない事実なのです、、、

 

 

私はホテルステイが好きで
カプセルホテルから
外資系の高級ホテルまで
色々と泊まってきたんですが、

クレーマーを見かけるのは
決まって安めのホテルです(^^;

 

もっと極端な話をすると
無料で視聴できるテレビやYouTubeに
対しては

クレームの電話が入ったり
コメント欄が荒れたりしますが

 

お金を払って視聴する
映画だったりNetflixに対しては
クレームはほとんどありません。

 

意外にもお金を払ってる
お客さんの方が
クレーム率は減るんですよね。

 

 

あとこれは私の実体験ですが
低価格のサービスよりも
高価格のサービスの方が
お客さんは積極的に学んでくれます。

高くても買いたい
高くても絶対そのサービスがいい!
そんなお客さんだけを
対象とするのはすごく大事です。

 

結果的に高価格で
サービスを提供した方が
互いにハッピーになれるんです。

 

 

ちなみにそもそも論ですが
低価格でも利益を出せるのは
大企業に限ります^^;

いわゆる薄利多売のビジネスは
大企業にのみ許された特権、、

 

規模が大きく
大量生産ができるからこその
ビジネスモデルであって

そもそも私たちのような
個人事業主には
真似できようもないものなんです(><)

 

 

なので高単価でも売れるサービス
っていうのを
設計していく必要があります。

 

商品設計や価格設定は
同業者のサービスを買って
参考にするのがもっとも
手っ取り早い方法です。

 

どのコンビニに行っても
商品のラインナップや価格が
酷似しているのは

互いにコンビニが
「真似し真似され」してるからです笑

 

そうやって各業界の価格は
安定していくものなのです。

 

まずは自分が理想とする
価格帯の商品を買ってみて
検討するのが1番手っ取り早いですw

 

 

ちなみに私は
同業の商品だけで
1000万円分くらいは
買ってますね。笑

 

セミナー、講座、サロンの
潜入調査の回数は
数え切れないほど…(^o^)/

もちろん純粋にいいなって
思ったものをです!

 

そこまでする必要はないですが
それだけ参考となる材料があれば
高単価で売れるサービスを設計するのは
難しいことではないです。

 

ということで今回は
「価格が高いほどクレームが減る」
というお話しでした。

動画でも解説してます

※2倍速で見れば3分半ほどです!