バイトってどうやって始めましたか?

 

 

こんにちは、相羽みうです。

こんな動画を撮りました。

 

いや〜実績なんてねほんとはいらないんですよ。

 

よくネットビジネスってまずは実績を作って、それをもとに教えましょう的なのがありますけど、なんていうか実績より人間力なんですよね。

 

人間力というとかなり曖昧な定義になるんですが、人が求めてるのって意外と実績じゃない。

自分に合う人、自分にとってわかりやすい、質問しやすいとかが大事だったりするんですよ。

 

 

わたしは大学時代のほとんどを個別指導塾のバイトに費やしてきたわけですが、、

ちなみに個別指導塾の先生はほぼ全員大学生です。

 

京都大学の人もいれば京都教育大在学中の先生になりたい人もいれば、それこそ偏差値的には50もないような人だって先生になっていることはありました。

 

生徒は先生に直接聞けば、どこの大学に通っているかはわかりますが、基本的にはそんなこと気にせずこの先生がよかったとか、この先生は当たりたくないとかめっちゃ正直に言ってくれるんですね。

 

京都大学の先生が人気かって言ったら実は全くそんなことはなかったです。

むしろ京大の先生は、子どものころから勉強ができないという感覚を感じたことがない人も多く、なかなか難しくなりがちという欠点もあります。

 

親だけが勝手に学歴のいい先生でお願いします、なんて言ってくる人はいましたが、勉強するのは子どもでしょ。子どもが習ってよかった先生にしなきゃ意味ないでしょ><

って内心思ってました。

 

 

学歴が良くなくても、生徒思いで、自分自身が勉強が苦手だった過去のある人は、生徒からも人気だったりします。

 

まあこれはビジネスの世界でも共通点があるなと最近になってようやく感じています。

 

 

ネットビジネス界には億稼いだ!とか業界の有名人と並んでいる写真を載せたり、いい暮らしをしている写真を使ってアプローチする人が多数います。

 

そんな人と比べるとわたしなんて、手取り16万の貧乏OLでしたし、学歴も中途半端、親も典型的なチャレンジを邪魔してくる人です。

 

でもわたしはそんな自分の過去そのものが、めちゃくちゃ強みと思っています。

なぜならこんなことで悩んでいるOLさんは山ほどいるからです。

それくらいどこにでもいる存在だったからこそ、たくさんの人に希望を与えられるでしょう。

 

ふつうであることってこの世界では強みだったりもします。

ふつうからネットビジネスのことを知った、アフィリエイトをやってみたこれだけでも素晴らしい行動力じゃないですか。

 

だからクライアントさんで実績を気にしている人には、塾でのバイトの話をよくしますね。

彼らは教えた実績がないところから、いきなり生徒2人を前にして個別授業をやります。

やりながらコツを覚え、少しずつ工夫できるようになります。

 

もちろんですが、やりながら学んでいる間にも時給は発生していますよね。

 

ときには親からクレームを受けたり、生徒から先生は嫌だと言われることだってあります。

 

 

でもそうやって経験しながら成長していって、実績もできてくるものだと思います。

 

 

新入社員時代だってそうです。

研修を受けたり、電話番をして、ミスをしたとしてもそこから改善して、中堅社員になります。

 

だからネットビジネスだけが特殊なわけではないです。

今実績がないのであればないなりに、自分ができる最大限のことをして、成長していけばいいです。

 

わたしも高校3年生の生徒が質問してきて、わからなかった問題はあとで勉強して教えたりしました。

 

ということで、まずは実績がないからなにもできない的な考えを捨てましょう!