起業家夫婦へのよくある質問→ずっと旦那さんと一緒で疲れないですか?ケンカしないですか?

 

 

こんにちは、相羽みうです。

わたしは夫と二人で起業しておりまして、しかも家で仕事ができちゃうので24時間一緒です。

 

ずっと一緒にいて疲れたり、ケンカしないんですか?

一般的な夫婦だったら、2人ともそれぞれの会社もしくは、妻は専業主婦で旦那さんは会社に行くとか、どっちにしろ違う場所で1日の10時間以上を過ごすわけなのですが・・・

なのでクライアントさんからよく聞かれることは、

「ずっと一緒にいてイライラしたり、ケンカすることないんですか?」という質問。

 

結論から言うとケンカはほぼしないですね〜。笑

惚気てると言うよりちゃんとした理由があると思っていて。

 

24時間一緒にいるわけじゃない

1つ目は、24時間一緒にいるわけではないということです。

もちろん同じ家の中にいるんですが、それぞれの部屋があるので、基本的にはそれぞれの部屋でパソコン作業をしたり、それぞれが好きなYouTube動画を見たり、本を読んで過ごしています。

わかりやすくいうとシェアハウスに住んでるようなイメージで、べったり24時間一緒にいるというよりは基本は自分の部屋でお互いの好きなことをして、

食事の時間になったらリビングに集合して、出前を取るかコンビニ行くか外食行くか決めるって感じです。

 

仲悪いわけじゃないですが、さすがにずっと1つの部屋にいて相手の一挙一動がわかって気になる環境だったら、イライラしてしまってたかもしれません。

 

お互いの趣味を強要しない

最近夫婦円満の理由として気付いたのが、お互いの趣味を無理に強要はしないってとこですかね〜。

夫婦だから同じドラマを一緒に見なきゃいけない必要もないし、一緒に海外旅行に行かなきゃいけないって義務もないわけです。

 

でも先日NY旅行に行ったとき、多くの人に「あれ旦那さんは一緒じゃないの?なんで!?!?!」っていうのを何人もの方から聞かれました。笑

単純にわたしはNYに超憧れていて猛烈に行きたい欲があったけど、夫はそんなにNYに思い入れもないし、長距離飛行機が無理なので行きたくなかったってだけの話です。

 

でももしこれがせっかく二人が揃って取れた1週間の貴重な休日とかなら、無理して一緒に行ってたのかもしれません。

わたしも一緒にNYに行っていろんな場所を観光したり、芸術に触れるという経験ができたら楽しいだろうな〜とは思いましたが、相手が嫌って言ってるのに無理してまで行く意味あるかなと思い1人で行くことを決めました。

 

なので多分ですが、基本は相手に合わせるというより、自分の好きなことを優先してやってるのでストレス溜まることってのがほぼないです。

私たち夫婦はお互い自分大好き人間なので・・・笑

だからこそお互い好きなことを自由にやりたいというのがあって、自分が本当に好きな趣味であっても別人である限りはそれを強要することはできないというのを、なんとなく知っています。

 

わたしはジャニーズのKing & Princeというグループをめっちゃ応援してるのですが、もちろん涼ちゃんも一緒に応援したいしコンサートも行って欲しいですが、絶対無理と言われたら誘うのはやめます。

コンサートDVDが届いた時も、できたら一緒に前編を見たかったですが、本当に見たかったらわたしが見てる横に来るだろうと思ってたら、彼はこなかったのでずっと見るほど応援したいわけではないってことです。笑

そりゃそうですよね、男でジャニーズ応援するって相当少数派ですので・・・

 

逆に涼ちゃんはサッカーが本当に大好きで、夜中の3時ごろから始まることが多い海外リーグの試合をよくDAZNで見ています。

わたしも有名なサッカー選手については教えてもらって少しずつわかってきましたが、さすがにそこまでハマれなかったので、一緒に見ることなく勝手に寝ますwww

 

ちなみに最近彼は、サッカーの審判の裏側ドキュメンタリー的なDVDまで買って見ていました。

めっちゃおもしろかったそうですが、わたしにはさっぱりわかりません。

それほどのマニアっぷりなのですが、それを押し付けられることがなければ一切問題はないので、素直に応援しています。

 

他人である限り人の価値観はそれぞれ

家族であってもお互いすごい気があうな〜って思うカップルや友達でも、他人である限り趣味や価値観は絶対に人それぞれ違います。

本当の意味でお互いわかり合うってのも無理な話だと思います。

だって価値観が違うんだから、本当の意味でわかり合うっておかしくないでしょうか。

 

できるのは、お互いの趣味に干渉しないこと、そして自分の趣味を人に押し付けないことだと思います。

わたしたち夫婦は、コンビニで買ったお互いの好きな食べ物を、お互いの好きな時間に食べてますからね〜。笑

だってお腹が減る時間だって人それぞれ違うじゃないですか。

 

もちろん理想を言えばわたしは一緒にテーブルで話しながら食べたいですが、話すのは食事のとき以外にもできるし、外食する日は一緒に食べれるのでそれでいっかと思ってます。

 

完璧すぎること、細かいところまで気になるというのは、もちろん信頼できるという意味で素晴らしいかもしれないですが、

その完璧主義、夫婦たるものこうでなければいけないという価値観を、他人にまで押し付けてしまうとストレスが発生するのかなと思います。

 

世間的な夫婦でいうとかなり変わってるかもしれませんが、わたしの価値観の中では、むしろ夫婦だからという理由で全てを矯正させられていたらしんどくなってしまうだろうな・・・と。

例えば街に遊びに行ってて、どちらかが途中で帰りたいけど、どちらかがまだ買い物したいとかだったら、「じゃあここで、バイバイ。また家で〜!」みたいなんとか普通にあります。

 

なのでよく聞かれる質問については、24時間一緒の家にはいるけど、お互いの価値観を押し付けないように自由にしているのでストレスは溜まらないって感じでしょうか。。

 

 

 

 

 

 

無料で「次世代女性の働き方」セミナー動画がもらえます!

わたしは元々どこにでもいる事務OLでしたが、家で仕事をしながら好きなときに海外旅行にいったり、充実した毎日を送っています。

 

じゃあ一体どうやって今のような生活に!?と思われるかもしれませんが、最近では年齢関係なくお金と時間の自由を得ている人はひっそりと存在していたりします。

会社に雇われるのではなく、自分のビジネスを持って会社を経営しているからです。
難しそうに聞こえるかもしれませが、インターネットを使えば、才能や運なんて関係なく努力次第で誰でも人生を変えることが可能です。

 

27歳の頃、自分が労働するんじゃなくてインターネットが代わりに働いてくれる方法というのを学びました。

ずっと会社員、主婦+パートとして働くしかない人生だと思っていたわたしにとって、何歳からでも本気で勉強をすれば、生まれは変えられなくてもその後の人生を変えられるということを知ってからは、世界が広がって人生の充実度が劇的に変わりました!

 

楽しく仕事をができる人が増えれば、世の中はもっと良くなっていくと本気で考えています。

期間限定で配布していますのでぜひこちらから受け取ってみてください。

「次世代女性の理想の働き方」セミナー動画を受け取る!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

元々手取り16万の事務OLをしてましたが、夫婦で会社を辞めてマーケティング会社を経営する20代です!

紆余曲折ありましたがビジネスを勉強しまくった結果、最後に信じられるのは何に依存せずとも生きていけるスキルだと気づき、女性限定のビジネスアカデミーを主催しています。
広告はほぼ使っていないので、私と価値観の似たクライアントさんが集まっていて、向上心も高く楽しいコミュニティです。

小学生の頃からパソコン、ネットが大好きでそれを仕事にできているのはとても幸せです。

具体的な仕事は、スクール運営/コンテンツ販売/サービス販売代行(詳細はメルマガから)

詳しい物語プロフィールはこちら
動画プロデューサーの夫(相沢涼)のブログはこちら