年収億を超えたヒカキンさんが、今も1人でがんばり続けられている理由

 

 

こんばんは、相羽みうです。

今日はブログ読者のみなさんに見てもらいたいなと思うサイトがあって、記事を書きます。

 

YouTuberのヒカキンさんについてです。

彼のことはYouTubeを見ない人もご存知かと思いますが、年収は5億は超えてるんじゃないかと言われています。笑

ちなみにわたしと同じ平成元年生まれなので、わたしが大学生だった時、何も考えずにOLしてたときも、影でがんばってたんだなあと思うとなんだか勝手に同士のように感じて、応援したくなります。

 

ただ彼の仕事YouTuberとは、1人で動画の企画を考えて、準備して、撮影して、編集。

今だにこれを1人で全部やっているわけです。

 

基本的には1日1本19時に投稿で、基本的には毎日・・・!

ブログ何倍もの労力がかかるので、この継続がいかにすごいものかとびっくりします><

 

ぶっちゃけヒカキンさんはもう毎日更新しなくても暮らしていけるし、YouTube以外にもイベントやテレビ出演、他にもYouTuberのマネジメントをする会社の役員も務めているので、収入に心配はありません。

 

でも毎日細かいところにまでこだわって、動画を作り続けられている理由についてとあるインタビューでこう答えられていました。

――確かに、お金が減らなそうな生活ですね(笑)。HIKAKINさんは熊本の震災などで、寄付を積極的にされています。「社会のためになるお金」には、関心があるのではないですか。

結局、そっちかもしれないですね。自分もいい思いを多少はしたいけど、社会貢献をきちんとできたら、死ぬ時にいい人生だったと思える気がします。僕がそういう使い方をしていたほうが、ユーチューバーを目指す子供たちにとっても、夢があるかもしれません。

 

いや〜これ聞いたとき本当に同い年?!って思ってびっくりしました。

これぞ有名になる人の考え方というか、器ですよね。

 

そして死ぬときにいい人生だったと思えること、これはどんな仕事にとっても大事なことだなあと。

多分自分にだけは嘘はつけないと思うんですよね。

 

嘘をついたことがない人は存在しないですが、それでも死ぬときに楽しかったなあって思うのは、きっと自分だけが良かったとかじゃなくて、自分ががんばったことでどれくらい喜んでくれる人がいるかどうか。

ここなんじゃないかなあ・・・。

 

わたしはまだ全然影響力はないですが、ヒカキンさんがYouTuberをもっとメジャーな職業にしたいと言われているように、わたしだって副業や個人ビジネスをすることがごく当たり前の日常になってほしいって思っています^^

 

それが叶ったら、本当にいい人生だったな〜〜〜〜って悔いのない生き方になるのかな?

 

少し前ツイッターで話題になっていた、ヒカキンさんのインタビュー記事を貼っておきますね。

知られざる過去の話、影ながらの努力が知れて、めちゃくちゃおもしろかったです・・・!

 

めっちゃ細部までこだわりたい、人前ではなく1人でリラックスして撮影したいヒカキンさんにとっては、YouTubeが一番あっている、そんなことも言われています。

自分が得意な環境を見つけるって大事ですよね。

 

あとはただお金持ちになりたい!で始めたエネルギーっていうのは以外と続かないのかもしれないなって思いました。

それよりも誰かのために(ヒカキンさんなら楽しみにしてくれている子どもたち)とか、自分が本当に好きなことみたいなものが原動力になっている人の方が強いなと。

 

なんかわたしもがんばろう!って思えるインタビューなのでぜひこちらからご覧ください!!!

 

200円の定食を4年間食べつづけた。ヒカキンが語るストイックなサラリーマン時代(前編)

 

「全員抜いてやる!」ヒカキンがトップユーチューバーになることを決意した瞬間(中編)

 

毎日1人で作業。同じミスは二度としない。ヒカキンが「トップでいるための覚悟」(後編)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしは元々どこにでもいるOLでしたが、現在は月500万の収入を得ています。
夫と2人、自由な毎日を過ごしています。

相羽みうの詳しいプロフィールを見る!

こんなこと言うと一体どんな仕事をやっているんだ!?と思われるかもしれませんが、最近では年齢関係なくお金と時間の自由を得ている人はひっそりと存在していたりします。

 

会社に雇われるのではなく、自分のビジネスを持って会社を経営しているからです。
難しそうに聞こえるかもしれませが、インターネットを使えば、才能や運なんて関係なく努力次第で誰でも人生を変えることが可能です。

 

27歳の頃、自分じゃなくてインターネットが代わりに働いてくれる方法というのを学びました。

わたしもかつて憧れの人にやり方を教えてもらったように、次世代の女性にも稼ぐスキルを知ってほしいという思いで学ぶべきことをまとめたセミナー動画をプレゼントしています。

ぜひこちらから受け取ってください。