現代のカースト制度から抜け出す唯一の方法/インドがIT大国になった理由

 

 

こんにちは、相羽みうです。

先日とある本でインドの近年の状況について興味深いことを知りました。

 

インドって今でもカースト制度が根強くて、金持ちの子供は金持ちになるし貧乏の子供は貧乏になるしかないっていう状況らしいです。

ですがとある技術を身につけた人たちが、カースト制度を抜け出してお金持ちになる例が増えてきました。

その技術っていうのがITの技術だそうです。

 

もともと数学が得意だったり英語が上手だったりというインド人は、さらにITの技術を身につけることで海外でバンバン仕事をとって個人事業主として成功を収める例が増えてきました。

そういった働き方はネットの発達によって実現したものですが、カースト制度には当てはまらずそういった個人としての働き方によって下克上を果たす若者が続出しているんだとか。

 

まあこれはインドでの話なんですが、日本でもこういった状況は起こりつつあります。

日本にカースト制度はありませんが、医者の子供が医者になったり政治家の子供が政治家になったりする例は昔から多々あります。

普通のサラリーマン家庭で育った子供は大抵そのままサラリーマンへとなっていきます。

親の影響はやはり大きくて、親の価値観で育てられた子供は同じような価値観を持つようになります。

 

ですが現代はインターネット社会です。

誰でも個人でビジネスを始めることができるようになりました。

カースト制度とまでは言いませんが、一般家庭で育った子供が自分のビジネスを持つということは珍しいことではなくなりました。

実際私も夫もサラリーマン家庭で育ちましたしね。

 

いや〜

本当にいい時代に埋めれたなと思います。

インド人にとってはめちゃくちゃラッキーな時代ですよね。

 

そんな感じの話を動画で解説してみました( ^ω^ )

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしは元々どこにでもいる事務OLでしたが、現在は月500万の収入を得て、夫と2人自由で幸せな毎日を過ごしています。

相羽みうの詳しいプロフィールを見る!

こんなこと言うと一体どんな仕事をやっているんだ!?と思われるかもしれませんが、最近では年齢関係なくお金と時間の自由を得ている人はひっそりと存在していたりします。

 

会社に雇われるのではなく、自分のビジネスを持って会社を経営しているからです。
難しそうに聞こえるかもしれませが、インターネットを使えば、才能や運なんて関係なく努力次第で誰でも人生を変えることが可能です。

 

27歳の頃、自分が労働するんじゃなくてインターネットが代わりに働いてくれる方法というのを学びました。

わたしもかつて憧れの人にやり方を教えてもらったように、次世代の女性にも稼ぐスキルを知ってほしいという思いで学ぶべきことをまとめたセミナー動画を期間限定プレゼントしています。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

元々手取り16万の事務OLをしてましたが、夫婦で会社を辞めてマーケティング会社を経営する20代です!

紆余曲折ありましたがビジネスを勉強しまくった結果、最後に信じられるのは何に依存せずとも生きていけるスキルだと気づき、女性限定のビジネスアカデミーを主催しています。
広告はほぼ使っていないので、私と価値観の似たクライアントさんが集まっていて、向上心も高く楽しいコミュニティです。

小学生の頃からパソコン、ネットが大好きでそれを仕事にできているのはとても幸せです。

具体的な仕事は、スクール運営/コンテンツ販売/サービス販売代行(詳細はメルマガから)

詳しい物語プロフィールはこちら
動画プロデューサーの夫(相沢涼)のブログはこちら