なんであんなサービスが売れてるのに?単に商品に詳しすぎても商品は売れないのだ。

 

 

こんばんは、相羽みうです。

詳しすぎても売れない。

これ実はよくあることなんです。

 

詳しいから売れるとは限らない

マーケティングを学んでいればこんなことにはならないのですが、詳しいから、知識があるから、マニアだからというのとモノが売れるというのは必ずしも一致するわけではないんですね。

 

どういうことかというと、ファンについての図を探して見たのですが、適当なものがこれしかなかったので申し訳ない。笑

これで説明しますね。

 

ファンというのにも大きく2種類に別れてて、サッカーだとサムライジャパンのような日本代表が出る試合だけを応援する人がほとんどです。(俗に言うにわかファン、ライトなファン)

さらにサッカー大好きな人というのがJリーグファン(コアなファン)みたいな感じです。

 

だから逆に何かサービスを提供する側になった時も、この考え方というのは超重要で、自分が詳しいからといってコアな情報ばかりを発信していると、興味ある人が異常に少ないことになってしまいます。

そして一番やっちゃいけないことは、初心者の方に対して、にわかファンだから〜とか、全然わかってないしあんなんじゃダメ、みたいにいってしまうことです。

 

コアなファンが新規を潰してしまう

結局なんでもそうですが、コアなファンが新規ファンを減らしてることってよくあると思うですよね・・・笑

ジャニーズとかそんな感じがします。。。

ファンが増えた方がいいに決まっているんだけど、わたしの方が昔から応援してたのにって悔しい気持ちもわかるんですが、やっぱり初心者の方に向けた方が発信内容に対しての反応ももらいやすいし楽なんですね。

 

ネットビジネスでもこれを気をつけなきゃいけないなって思っていて。

自分がネットビジネスのことを勉強しまくって詳しくなったとしても、いつだって新規の人に向けた発信をすることを忘れちゃいけないなと思っています。

つまり新しく知ってくれた人が置いてけぼりになるような、発信内容ばかりじゃダメだなと。

 

工夫しまくっています

例えばこれはわたしのブログなどでもこだわっているポイントがあって。

最初にブログを見に来た人でも、着いてこれるようにとオススメ記事や初心者の方向けのコンテンツを用意しています。

 

また初見の人にも興味を持ってもらえるような内容の記事をトップに固定しています。

実際結構ここからメルマガへの登録も多いです。

 

結局は初見の人に対しても、コアなファンに向けてもどちらの層も楽しめるコンテンツを作るってことなんですが、ぶっちゃけコアなファンの方に向けてなら有料サービスを買ってくれることが多いので、

有料サービスの中ではもっと知りたい方向けのコンテンツを作っているという感じになります。

 

初心者の人が興味を持つ内容を

なので結局はブログとかツイッターというツールでは、基本的には初心者の人向けに書けばいいと思います。

やっぱり集客するためのツールということは、自分のことをよく知らない人に楽しんでもらうという工夫が大事だと思うので。

 

知識がつくほどに自分が知ってることは他の人も知ってるんじゃないか、みたいな思い込みが入ってしまいがちですが、

・過去の自分が知りたかったこと

・読者さんからよく聞かれる質問

 

などをもとに発信内容を決めるといいと思います。

そうすれば見てくれてる人が知りたいことと、発信内容のギャップを埋められるのでどんどんファンもできるし、サービスも売れて行きますね〜。

まあとにかくリサーチです。

 

ということで今回は、情報を知りすぎる人のよくある落とし穴について語ってみました。

 

PS(追記)

知識はめちゃくちゃあるんだけど、一般の人も参加しやすいようなマーケティングが上手い人を何人か上げておきます。

1人は音楽家の葉加瀬太郎さん。情熱大陸やビフォアーアフター の匠の今日などをつくっている方ですが、音楽って詳しくなるほどに理論的にどうとか時代背景がとか考えすぎて、一般人にとっては超退屈になりがちです。

が、葉加瀬さんの作る音楽はポップスのようなメロディーが良くて聞きやすいものが多いですよね。

あえてそうしていることでいろんなテーマソングに使われ続けているわけです。

 

あとはマーケティングが超上手いのはメンタリストDaiGoさんですかね。

メンタリストのパフォーマンスで目を引くのはもちろんのこと、心理学の小難しい勉強を、恋愛や集中力、子育て論などジャンルわけでして必要なところだけをわかりやすく教えてくれる。

そのおかげでどんなジャンルでも本をかけるので月1レベルでベストセラーを叩き出してます。

 

2人とも死ぬほど知識はあるんだけど、ちゃんと一般の人がついてこれるレベルにまであえて落とすことでわかりやすく伝えてくれてるところが共通点です。

私もネットビジネス界のそういう存在になるべくモデリング中です。

 

 

 

無料で「次世代女性の働き方」セミナー動画がもらえます!

わたしは元々どこにでもいる事務OLでしたが、現在は月500万の収入を得て夫と2人自由で幸せな毎日を過ごしています。

(もちろん波はあって少ない月だと200万ほどです)

好きなときに海外旅行にいったり、買い物をするときに悩むこともほとんどなくなりました。

 

とはいえ、生まれ育ったのは貧乏で節約大好きなサラリーマン家庭。。。

風邪を引いて学校を休むと給食費がもったいないと言われたり、高校生になってからも少しでも高い服を買うと無駄にお金を使ってと怒られるほどの貧乏家庭で育ちました・・・笑

 

じゃあ一体どうやって今のような生活に!?と思われるかもしれませんが、最近では年齢関係なくお金と時間の自由を得ている人はひっそりと存在していたりします。

会社に雇われるのではなく、自分のビジネスを持って会社を経営しているからです。
難しそうに聞こえるかもしれませが、インターネットを使えば、才能や運なんて関係なく努力次第で誰でも人生を変えることが可能です。

 

27歳の頃、自分が労働するんじゃなくてインターネットが代わりに働いてくれる方法というのを学びました。

そしてマーケティング、ライティング、セールス、戦略を動かす方法など、何歳からでも本気で勉強をすれば、生まれは変えられなくてもその後の人生を変えられるということを知ったのです。

 

ずっと会社員、主婦+パートとして働くしかない人生だと思っていたわたしにとって、世界が広がって人生の充実度が劇的に変わりました。

そして現在自分の人生に満足していない人でも、正しくビジネスの勉強して実践すれば、別人のように生まれ変わることだって可能です。

楽しく仕事をができる人が増えれば、世の中はもっと良くなっていくと本気で考えています。

 

そういった思いから、元々は手取り10万台のOLだったわたしがどんなことを勉強して実践し、ここまで来ることができたのかという成功体験をメルマガ読者様限定の動画講座にまとめました。

期間限定で配布していますのでぜひこちらから受け取ってみてください。

「次世代女性の理想の働き方」セミナー動画を受け取る!

 

メールアドレスを入力すればすぐにメールボックスに届きます。

この記事が役立ったと思ったら、シェアしていただけると嬉しいです^^

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

元々手取り16万の事務OLをしてましたが、夫婦で会社を辞めてマーケティング会社を経営する20代です!

紆余曲折ありましたがビジネスを勉強しまくった結果、最後に信じられるのは何に依存せずとも生きていけるスキルだと気づき、女性限定のビジネスアカデミーを主催しています。
広告はほぼ使っていないので、私と価値観の似たクライアントさんが集まっていて、向上心も高く楽しいコミュニティです。

小学生の頃からパソコン、ネットが大好きでそれを仕事にできているのはとても幸せです。

具体的な仕事は、スクール運営/コンテンツ販売/サービス販売代行(詳細はメルマガから)

詳しい物語プロフィールはこちら
動画プロデューサーの夫(相沢涼)のブログはこちら