副業でいくら稼いだら税金がかかってくるのですか?

 

 

副業を始めたばかりの方からよくいただく質問の1つに、副業分の税金に関するものがあります。

どれくらい税金を払うことになるのだろうか、また手続きがよくわからないという見えない不安があるために、副業を始めるのを躊躇してしまうという声をたくさん聞いてきました。

正しい理解をすることで、不安を取り除き新たな一歩を踏み出しましょう!

副業の所得税がかかる基準

副業分の所得税がかかる基準として、「年間20万以上」というのを聞いたことがあるかもしれません。これは厳密にいうと、利益が20万円以上ということになります。

利益とは、売上(収入)ー 経費です。

30万円の副収入があったとしても、その年に副業活動のために16万円のパソコンを購入していれば、利益は20万円を下回っているので、所得税の支払対象にはなりません。

まずは税金の件は、1月から12月の期間中に収益が20万円を超えてから気にするので十分大丈夫です。超えない場合は、確定申告の提出も不要になります。

収支記録の取り方

収入面

まずやるべきことは、収入と経費を記録に残しておくことになります。副業専用の銀行口座できればネット上で確認できる口座を作っておくことです。普段のカード支払いと一緒の銀行口座を使っていると、ややこしくなってしまいます。

手数料が安いのはこちらの2社で、口座開設は無料でできます。

これらの口座は、後々投資や株などを行うとなった場合にも使い勝手がいいのでオススメです。

支出面

支出面も同様で、普段から副業活動のために使った経費を管理しておいてくださいね。具体的にやるべきことは、経費として支払ったときのレシートは全て保管しておくことになります。

こちらも経費専用のクレジットカードを作っておくと、管理が楽になります。(余談ですが、お買い物銀行クレジットカードも全て、楽天関係で揃えておくとポイントが一気に貯まるのでオススメ!)

節税対策

利益が20万円を超えていなければ、所得税を支払う必要はありません。また、20万円を超えていたとしても利益が少ないほどに支払う税金は少なくなります。

というわけで、具体的にどんなものが経費になるのか、どんなレシートを残しておけばいいのかご紹介しますね。

  • 参考にした本
  • パソコン、デジカメ、その他周辺機器
  • セミナー受講費、交通費
  • ケータイ代、ネット代(副業に使っている割合で決まります)
  • ブログ運営費、サーバー代

 

ケータイ代も経費になるって結構意外じゃないですか?!笑

税金については簡単になりますが、以上を踏まえておけば大丈夫かと思います。せっかくこうして副業について知る機会があっても、税金を恐れて行動できないでいるというのは本当にもったいないことです。

もし会社にバレることについての不安がある方は、OLの副業がが会社にバレる3大原因はこれだ!をご覧くださいね。

充実した毎日への一歩を踏み出しましょう♡

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしは元々どこにでもいる事務OLでしたが、現在は月500万の収入を得て、夫と2人自由で幸せな毎日を過ごしています。

相羽みうの詳しいプロフィールを見る!

こんなこと言うと一体どんな仕事をやっているんだ!?と思われるかもしれませんが、最近では年齢関係なくお金と時間の自由を得ている人はひっそりと存在していたりします。

 

会社に雇われるのではなく、自分のビジネスを持って会社を経営しているからです。
難しそうに聞こえるかもしれませが、インターネットを使えば、才能や運なんて関係なく努力次第で誰でも人生を変えることが可能です。

 

27歳の頃、自分が労働するんじゃなくてインターネットが代わりに働いてくれる方法というのを学びました。

わたしもかつて憧れの人にやり方を教えてもらったように、次世代の女性にも稼ぐスキルを知ってほしいという思いで学ぶべきことをまとめたセミナー動画を期間限定プレゼントしています。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

元々手取り16万の事務OLをしてましたが、夫婦で会社を辞めてマーケティング会社を経営する20代です!

紆余曲折ありましたがビジネスを勉強しまくった結果、最後に信じられるのは何に依存せずとも生きていけるスキルだと気づき、女性限定のビジネスアカデミーを主催しています。
広告はほぼ使っていないので、私と価値観の似たクライアントさんが集まっていて、向上心も高く楽しいコミュニティです。

小学生の頃からパソコン、ネットが大好きでそれを仕事にできているのはとても幸せです。

具体的な仕事は、スクール運営/コンテンツ販売/サービス販売代行(詳細はメルマガから)

詳しい物語プロフィールはこちら
動画プロデューサーの夫(相沢涼)のブログはこちら