【2019年度版】女子ひとり旅マルタ旅行記レポ5日目〜お花のジェラート、バレッタで最後の観光〜

 

 

この旅行記はマルタ5日目になります。

まだの方はこちらからご覧くださいね!

マルタ旅行記レポ1日目〜町全体のインスタ映えがやばかった〜

マルタ旅行記レポ2日目〜聖ヨハネ大聖堂、騎士団の宮殿〜

マルタ旅行記レポ3日目〜旧首都・城塞都市イムディーナ、ウサギ料理〜

ルタ旅行記レポ4日目〜ゴゾ島の要塞チタデル、コミノ島ブルーラグーン〜

 

海沿いをお散歩&朝食

この日は帰りの飛行機の出発時間が15時と少し余裕があったので、午前中まで自由時間がありました。

経験上、旅行代理店を通して予約すると売れ残りツアーの朝死ぬほど早い時間出発っていうのが多かったのですが、あと数時間は余裕があるということで得した気分ですw

(グアム旅行のときは朝5時台に空港リムジンの迎えだったような、、、笑)

 

とりあえず最後に朝の爽やかな風を感じながらお散歩したいな〜と思ったので、海沿いを歩いてみた!

犬の散歩とかランニングしてる人がいるなんとも健康的な朝でした^^

途中から疲れてバスに乗ろうかと思ったのですが・・・小銭がなかったので諦めました。(マルタのバスは遅延防止のため小銭を持っていないと乗車拒否されるそうなのでw)

 

その代わりこんな素敵なお家が見れました。

 

 

歩いてるうちにいい感じのお店を見つけたので入ってみました!

めっちゃおいしかった。

フランスパンにトマトとオリーブが乗ってるブルスケッタ。

すごい絵になる盛り付けだった。笑

 

超インスタ映えするバラジェラートのお店「Amorino」へ!

朝ごはんを食べて小銭をつくれたので、そこからバスに乗って一番栄えている首都バレッタへ再び行ってみました。

バレッタのインスタ映えスポットとして、何人もの方が紹介されていて気になったお店へ。

じゃーーん!!!Amorinoというところです。

 

イタリア発のバラジェラート!!!!!!!

インスタのハッシュタグ検索すると世界中のインスタグラマーたちが写真を載せています。

 

 

お店の中はこんな感じでしたよん!

冬の朝早くだったから誰もいなかったので動画撮らせてもらいました。

 

お店の中からすでにかわいいの・・・

まずコーンの大きさを選んでマカロンありかなしかを指定し、カラーを選びます。

「How many colors?」と聞くと

「No limit」とのことだったので、いろんな色を選びました、、

で、できたのがさっきのジェラートですね^^

 

写真撮影してたら溶けて手に落ちてきたのでさっさと撮影することをオススメします・・・笑

冬でこんな状態だったので、、インスタグラマーって改めて大変だなと思いました(^◇^;)

 

バレッタを観光&写真撮影

すっごい良い感じの建物がありました。

風が強かったんだけどマルタ共和国の旗がいい感じにたなびいた瞬間が撮れたw

この写真、結構気に入ってます。


この建物はグーグルマップで後から調べたところ、文化センター的なSpazju Kreattivというところみたいです。

英語じゃなさそうなのでマルタ語の名前かな?

お店の人は店員さん同士で話すときは英語じゃないので何話してるかさっぱりわかりません、、笑

沖縄の人同士がしゃべってるみたいな感じです。

 

ちなみに写真撮るポイントとしては朝早くって大事ですね。

NYでプロに撮影してもらったときもなんですが、昼すぎるとか夕方になると上からの太陽の光で影ができるので、朝がいいそうです。

あと人が少ないって意味でも。

 

映画に出てきそうな素敵なお城とお花です。

 

帰りのフライトへ

ホテルに戻ってチェックアウトして、ホテルのロビーで送迎の車に空港まで送ってもらいました。

毎日夜ごはんを一緒に食べてくれた、ゆまちゃんと最後に写真を。

 

空港のお土産売り場が一番クオリティの高いものが売っていたけど、特に欲しいものはなかった・・・

海外ってお土産を配る文化があまりないっぽくて、小分けのお菓子とかほとんど売ってないんです。

 

可愛い石鹸とかも見てるのはいいけど絶対使わない自信があるし、物を増やしたくないのであまり買いません。

ジャムとマグネットだけ買いました^^

これから1つの国に行くたびにその国を表すマグネットを買って、冷蔵庫に貼っていこうと思います。

 

マルタのルア空港から

マルターキプロス(途中接続)ードバイー関空という18時間の旅の始まりですw

 

歩いて階段で上るタイプだったので改めて飛行機の大きさが感じました!!!

 

飛行機の中の食事はこんな感じ〜。

普通にどれも美味しかったです^^

 

いつも思うのがブドウとパイナップルはたべれるけど、オレンジのこの固めのフルーツって一体何なんですかね?

右上にあるのは水です。

 

乗り継ぎも直接降りてバスに乗って移動します。

なんとこの世界のハブ空港、ドバイ国際空港は広すぎて結構な時間バスに乗ってました。


朝焼けがとっても綺麗だった〜。

帰りの飛行機も2つ隣の方が、気を利かせて空いてる席に移動してくれたので、1人で3列シートを使って眠ることができました^^

 

最後のごはん。

ポテト大好きなの、、行きしに食べたのと全く同じメニューww

 

日本に到着〜!!!

ガチひとり旅初めてでしたがとっても楽しかったです。

マルタが治安が良くて、過ごしやすかったので本当にオススメです。

飛行機は長いけど遠ければ遠いほど、日本にいたら見れないもの経験できない旅をすることができて、本当に世界は広いな〜〜〜〜っていうのを感じることができます。

 

次はどこにいこうかな?多分また次行く旅行も1人なので(笑)、レポできたらいいなと思います。

いつかアフリカとか南米にも行ってみたいですね!!!めざせ6大陸制覇!笑

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしは元々どこにでもいる事務OLでしたが、現在は月500万の収入を得て、夫と2人自由で幸せな毎日を過ごしています。

相羽みうの詳しいプロフィールを見る!

こんなこと言うと一体どんな仕事をやっているんだ!?と思われるかもしれませんが、最近では年齢関係なくお金と時間の自由を得ている人はひっそりと存在していたりします。

 

会社に雇われるのではなく、自分のビジネスを持って会社を経営しているからです。
難しそうに聞こえるかもしれませが、インターネットを使えば、才能や運なんて関係なく努力次第で誰でも人生を変えることが可能です。

 

27歳の頃、自分が労働するんじゃなくてインターネットが代わりに働いてくれる方法というのを学びました。

わたしもかつて憧れの人にやり方を教えてもらったように、次世代の女性にも稼ぐスキルを知ってほしいという思いで学ぶべきことをまとめたセミナー動画を期間限定プレゼントしています。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

元々手取り16万の事務OLをしてましたが、夫婦で会社を辞めてマーケティング会社を経営する20代です!

紆余曲折ありましたがビジネスを勉強しまくった結果、最後に信じられるのは何に依存せずとも生きていけるスキルだと気づき、女性限定のビジネスアカデミーを主催しています。
広告はほぼ使っていないので、私と価値観の似たクライアントさんが集まっていて、向上心も高く楽しいコミュニティです。

小学生の頃からパソコン、ネットが大好きでそれを仕事にできているのはとても幸せです。

具体的な仕事は、スクール運営/コンテンツ販売/サービス販売代行(詳細はメルマガから)

詳しい物語プロフィールはこちら
動画プロデューサーの夫(相沢涼)のブログはこちら