【2019年パリ旅行⑤】ヴェルサイユ宮殿ド派手すぎ!庭園広すぎ!写真たくさん載せてます。

これまでのパリ旅行の記事はこちらです。

【2019年パリ旅行①】20代最後にエールフランスのビジネスクラスで行く、初めてのパリ旅行【関空ーパリ】

【2019年パリ旅行②】ホテル ラ ベル ジュリエット ジュニアスイート宿泊記 (Hotel & Spa La Belle Juliette)

【2019年パリ旅行③】パリ在住のプロカメラマンよるカップルフォト撮影&モンマルトルの丘で観光

【2019年パリ旅行④】セーヌ川クルージングツアー&本場のマカロン買ったよ!

 

ホテルの近くのカフェで朝食を

昨日は朝から撮影とセーヌ川クルージングしたら疲れすぎて爆睡してしまったので・・・夜何も食べてませんでした。笑

今日はパリに到着してからネットで予約した、ヴェルサイユ宮殿観光の日です^^

とりあえずホテル近くのカフェで朝ごはんを食べました。

 

これを注文した理由は、フランス語のメニューで「オムレツ」しか何書いてあるかわかんなかったからと言うのもありますwww

オムレツの中身はいろいろ選べました。

 

ヴェルサイユ宮殿に到着!

パリ中心部からはUberで片道30分くらいです。パリは道が螺旋状になっていて市内にいるときは激渋滞なのですが、そこを抜けると高速道路のようにスイスイ進みます。

実は1日目以外は結構くもりかつ寒かったんですが・・

日本の5月半ばの感じで考えていて、ノースリーブのワンピースにトレンチコートだったらマジで寒すぎました、、、笑(現地の方は冬に着るコートにマフラーなんて人も結構います)

 

ヴェルサイユ宮殿に到着!!!

スマホで予約しておくとチケット購入に並ぶ時間が省けるのでオススメです。

入り口からキンキラキン^^スタートからまず写真撮りまくっちゃいました。

 

入ってすぐのところ・・・いやすでに豪華すぎてやばいんですが。。。笑

 

たくさんの肖像画が飾られてます。

 

お部屋から見える庭がまさにプリンセスのための庭園って感じでやばかったです!!!

早く庭園に行ってみたいって思いながら窓の外見てました。笑

アリスの世界みたい^^

 

天井に描かれた絵がすごい。

ヨーロッパも日本も遺産となるような場所は天井に絵が描かれてることが多くて、全然違う文化なのに共通点があっておもしろいですね。

 

こちらがかの有名な鏡の間です!!!

キンキラキンで、鏡に反射してさらに豪華さがやばいです・・・

いろんな観光地見てきましたけど、これほど金を使いまくった建物というのはないなと確信しました。笑

 

政府が国民から集めた税金で贅沢しまくった日々も、時間が経てばこうして観光地になってスマホで写真撮られまくってるなんて不思議な世界ですよね・・・

 

美術館のようなお部屋も。

 

鏡の間ほど人はいなかったので写真撮りやすかったです。

それにしても天井や壁の隅々までマジでお金かかってますwww

 

ここまでちょうど1時間半くらいだったかな?

ヴェルサイユ宮殿は庭園や、マリーアントワネットの住んでいた別館の見学も含めると1日がかりの観光って思っておくといいと思います。

 

壮大な庭園に出てみたよ

たけのこの里が大量に生えてましたwww

 

めっちゃ綺麗に整備されている・・・朝早かったからか意外に人いませんでした。笑

くもりだけど結構眩しかった・・・

 

マリーアントワネットが過ごした、プチ・トリアノンへ

ヴェルサイユ宮殿はとにかく敷地が広大過ぎます。

移動用の遊園地にあるような子供用のような電車もあったのですが、頑張って歩いて行きました。

マリーアントワネットがプレゼントされたというプチ・トリアノンへ向かう道です^^

めっちゃ長過ぎて疲れた・・・

 

プチ・トリアノン周辺のお庭。

建物の中の家具屋内装も含め、女性らしくてとっても可愛いです。

 

こんな感じでした〜!

ずっとテレビで見て憧れていた場所に行けてとっても幸せでした。

可愛いものやキラキラしたものが大好きな方は是非ヴェルサイユ宮殿に行っていただきたいです。

でもいくらお金があってもお城から出られない生活というのは本当に窮屈だっただろうなあと思ってしましたね。笑

 

早速パリの日本食レストランへ

夫が早速日本食が恋しくなったということで、グーグルマップで調べてホテルからわりと近くのとんかつ屋さんに行ってきました。

Tonkatsu Tomboというお店です。

店員さんもメニューも日本語がOKなのでめっちゃ楽でした^^

パリ旅行3日目終了です。

 

>理想のお客様に囲まれて、幸せに続けられるビジネスをはじめよう!

理想のお客様に囲まれて、幸せに続けられるビジネスをはじめよう!

小学生からインターネット大好きだった私がたどり着いた、自分の特性を生かして、楽しく価値提供ができる仕組みづくりを紹介しています。